メニューを閉じる
2021年3月1日(月)
8301 : 銀行
JQ

 日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(14:58):
28,000
前日比:
+520(+1.89%)

20年の消費者物価 4年ぶり下落 0.2%、コロナ禍響く

Think!
経済
2021/1/22 8:33 (2021/1/22 10:19更新)
保存
共有
印刷
その他

総務省が22日発表した2020年の消費者物価指数(CPI、2015年=100)は、変動の大きい生鮮食品を除く総合指数が101.5と前年比0.2%下がった。4年ぶりのマイナスとなった。新型コロナウイルス禍による需要低迷や観光需要喚起策「Go To トラベル」の宿泊料割引が全体を押し下げた。20年12月は前年同月比1.0%下がり、10年3カ月ぶりの下げ幅となった。

年間のCPIは毎月の指数の平均をとる。20年はガソリンが6.3%、電気代が3.5%などとエネルギー関連の項目が軒並み下落した。コロナ禍もあって20年初めから春にかけて原油相場が急落し、エネルギー価格は年間を通じて前年を下回った。

政府が20年7月に始めたGo To トラベルの影響で宿泊料は16.7%下がった。パック旅行費も5.2%値下がりした。19年10月に始まった幼児教育・保育の無償化により幼稚園保育料(私立)は92.5%下がり、保育所保育料も51.0%低下した。

一方、感染が広がった昨春に需要急増で一時的に品薄になったマスクは0.5%上がった。テレワーク向けの需要が増えたデスクトップ型パソコンは12.8%、プリンターは18.5%上昇した。

政府・日銀は物価安定目標として2.0%の上昇率を掲げる。20年は最も上昇率の高い1月でも0.8%にとどまった。12月まで5カ月連続のマイナスとなり、むしろデフレに逆戻りする懸念が強まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3050件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World