メニューを閉じる
2021年11月28日(日)
3861 : 製紙・紙製品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【国内トップ級】印刷用紙と段ボール大手。海外に展開進む。

現在値(15:00):
546
前日比:
-14(-2.50%)

喫緊の気候変動対策 危機を変革の契機に
NIKKEI脱炭素(カーボンZERO)委員会 第3回円卓会議

カーボンゼロ
NIKKEI脱炭素プロジェクト
(1/2ページ)
2021/10/18 22:00
保存
共有
印刷
その他

日本経済新聞社は、脱炭素社会の実現を確実に進めるために始めた「NIKKEI脱炭素(カーボンZERO)プロジェクト」の一環で、NIKKEI脱炭素委員会の第3回円卓会議を9月中旬に都内で開いた。気候変動対策は一刻の猶予もならない状況で、社会や経済の仕組みを大転換する志と実行力が問われる。一方で課題解決の取り組みやそれを支える技術は新たな事業機会をもたらす契機にもなり得る。プロジェクトを通じ、意識改革と行動変容を促していく。

経済活動転換や課題解決 新たな事業機会生み出す

NIKKEI脱炭素委員会はプロジェクトの中核を担う組織。東京大学未来ビジョン研究センターの高村ゆかり教授を委員長に、合計9人の専門家で構成する。第3回の円卓会議には委員会メンバーのほか、プロジェクト参画企業12社の代表者らが出席した。一部はリモート参加となった。

12社が自社の取り組みを説明した(9月、都内で)

12社が自社の取り組みを説明した(9月、都内で)

円卓会議ではまず、分科会の活動内容を報告した。プロジェクトとして提言を発信することを目指し、VISION2050分科会(座長・高村教授)と金融分科会(座長・水口剛高崎経済大学学長)の2つが7~8月にそれぞれ複数回の会合を開き、提言の内容について議論を重ねてきた。

分科会は委員、参画企業の代表者で構成。6月に実施したユース対話会に参加した環境問題に取り組む学生らの3団体からも意見を求めた。

金融分科会では「金融投資編」という形で議論を進めた。地球温暖化の進行をこれ以上許せば、安定した社会の基盤を失い、企業活動が成り立たなくなる。また、生活圏や生存権を脅かし、弱い立場の人により大きな影響を与える人道的な問題でもある――。こうした前提から、経済活動の根幹に位置する金融の原理原則にも大転換が迫られていると結論付けた。

具体的には①サステナビリティーを金融の根幹に組み込む②投融資ポートフォリオ全体を脱炭素化する③脱炭素化の実現のために十分な資金を振り向ける④公平で公正な移行をめざす――の4項目を提言の柱としてまとめた。水口座長は「これをたたき台に議論を深めていきたい」と話した。

VISION2050分科会では、脱炭素を踏まえた2050年のあるべき社会像を幅広く議論してきた。金融分科会での結論も踏まえ、足元の現在、非常に重要な意味を持つ今後10年、そして中長期でみたこれからの30年と、多角的な視点で意見を取りまとめた。

「なぜ今、脱炭素に取り組むのか」という点を科学的にしっかりアピールする一方で、将来の気候変動リスクを低減することが生活を豊かにしたり、地域の課題を解決したり、新たな事業機会を生み出したりする可能性もあると打ち出すことに腐心した。

大きな柱に①脱炭素社会のビジョン②エネルギーの在り方③インフラ、特に建築物の脱炭素化④カーボンニュートラル目標と整合性あるインフラ・設備の導入・更新⑤森林資源の活用⑥炭素固定の価値の見える化や持続可能な森林経営が経済的に評価される仕組みづくり――などを掲げた。 分科会報告に続き、各企業が脱炭素社会の実現に向けた自社の取り組みについて説明。この日の円卓会議を終えた。

「中間宣言」世界へ発信

円卓会議後、NIKKEI脱炭素委員会は金融分科会とVISION2050分科会の議論に基づき「NIKKEI脱炭素プロジェクト 中間宣言」をまとめた。19日に開くNIKKEI脱炭素プロジェクト第1回シンポジウムでも紹介する。

また、10月末から英グラスゴーで開催される第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)にあわせて、英紙フィナンシャル・タイムズに掲載し、英国を中心に世界に発信する。

NIKKEI 脱炭素委員会の高村ゆかり委員長

NIKKEI 脱炭素委員会の高村ゆかり委員長

中間宣言はこれまでの円卓会議や分科会で議論した内容を踏まえ、提言としてまとめた。プロジェクトとしての考え方を示した前文と、行動指針とする8項目で構成。工業化が進展した産業革命前と比べ世界の平均気温の上昇をセ氏1・5度以内に抑える「パリ協定」の目標と、2050年のカーボンニュートラル実現をめざすものだ。

取りまとめの過程では「脱炭素社会に向かう企業の運営、人事を含めたマネジメントの在り方について、さらに踏み込んだ議論が必要との指摘が複数あった」(高村委員長)。分科会の議論がすべて中間宣言に反映されているわけではなく、プロジェクトとして「盛り込めなかった項目についても今後の課題に位置付けたい」としている。

プロジェクトではシンポジウムに続き、COP26にあわせたイベントを11月上旬に現地で開く。12月には第4回円卓会議と第2回ユース対話会も予定している。

NIKKEI脱炭素プロジェクト 中間宣言(抜粋)


地球は誰のためのものか。私たちは変わります。

NIKKEI脱炭素プロジェクトに参加する企業と専門家は、自然と調和した持続可能な地球を次の世代に引き継ぐこと、そして、一人ひとりが幸せを実感できる公平、公正で、サステナブルな脱炭素社会を実現することをめざします。そのための気候変動への対応が、生物多様性や森林の破壊、人権侵害などにより、社会のサステナビリティを毀損することがないよう、また、産業や社会の転換の中で取り残される人や地域が生まれないよう、公正な移行をめざします。

そのために、私たちは、工業化前と比べて気温上昇を1.5℃までに抑えるというパリ協定の目標と2050年カーボンニュートラルの実現をめざし、2030年に向けて気候変動対策をさらに強化・加速します。まさに今から次のことに取り組みます。

◆脱炭素社会のビジョンを描き、そこに向かう総合戦略をつくります。

◆地域にある再生可能エネルギーを最大限活用し、eモビリティ、住宅・建築物など需要側の分散型エネルギーリソースを統合・活用した効率的で脱炭素なエネルギーシステムへと根本的に転換をはかります。

◆2050年カーボンニュートラルと整合するよう、新築の住宅・建築物、そして既存の住宅・建築物の脱炭素化を強力に進めます。

◆インフラや設備の導入・更新にあたっては、その寿命を考慮して2050年カーボンニュートラル目標と整合的な脱炭素のインフラ・設備を選択します。

◆国土の3分の2を占める森林の保護と持続可能な林業の拡大・促進により、排出を抑制し、森林資源を活用した脱炭素の地域づくりを進めます。自然と共生する脱炭素社会の実現をめざして、自然がもたらす恩恵と自然への負荷を可視化しつつ、企業経営に取り組みます。

◆2050年までに投融資ポートフォリオ全体のネットゼロの実現をめざします。約1900兆円の個人金融資産を含む3000兆円の日本の金融資産を動員できるような魅力的な金融商品や仕組みづくりに取り組み、脱炭素化の実現に十分な資金を振り向けます。

◆こうした取り組みが社会全体で進むために、炭素削減の価値=炭素排出の費用が広く社会で可視化・負担されるカーボンプライシングなどの仕組みづくりを国に対して求めます。

◆カーボンニュートラルに向けたモデルとなる取り組みを創出し、国際社会に広く発信していきます。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

135件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World