メニューを閉じる
2023年2月9日(木)
9504 : 電力・ガス
プライム

【産業大口の自家発電比率高い】石炭火力発電所運営に強み。

現在値(11:30):
683
前日比:
-2(-0.29%)

四国電力、家庭向け規制料金28%引き上げ申請

値上げラッシュ
Think!
四国
環境エネ・素材
2022/11/28 12:26 (2022/11/28 14:40更新)
保存
共有
印刷
その他

四国電力は規制料金の引き上げを申請した(高松市)

四国電力は規制料金の引き上げを申請した(高松市)

四国電力は28日、一般家庭向けの規制料金の引き上げを経済産業省に申請した。上げ幅は平均28.08%で、2023年4月の実施を目指す。燃料価格の高騰や円安で発電コストが上昇。現行料金を続けると23~25年度の3年間平均で169億円の収入不足が発生すると見込まれることから、値上げは不可避と判断した。

値上げ申請は13年以来となる。上げ幅や実施時期は経産省の審議会での議論を経て決まる。標準的な家庭(月間使用量260キロワット時)の場合、1カ月あたりの電気料金は2205円(27.9%)高い1万120円となる。

四国電の長井啓介社長は28日の記者会見で「燃料価格の高騰が長期化するなど環境は一段と厳しさを増している。電力の安定供給を継続させる観点から申請を決めた」と述べた。規制料金のほか、一般家庭向けの自由料金も見直す。

規制料金の引き上げを巡っては、すでに東北電力中国電力が申請している。

【関連記事】
東北電力、規制料金引き上げ申請 家庭向け32.94%
中国電力、家庭向け規制料金31%引き上げ 経産省に申請
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

304件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World