メニューを閉じる
2021年4月11日(日)
1963 : 建設・土木
東証1部
日経平均採用

【プラント建設大手】独立系。石油精製が主力。国内にも展開。

現在値(15:00):
1,315
前日比:
-13(-0.98%)

東証前引け 続落、3万円下回る 利益確定売り優勢

2021/2/19 11:58
保存
共有
印刷
その他

19日午前の東京株式市場で日経平均株価は続落し、前日比288円67銭(0.95%)安の2万9947円42銭で終えた。取引時間中として4日ぶりに3万円を下回った。週前半2日間で947円(3.2%)ほど上昇するなど最近の上昇スピードが速かっただけに、短期的な過熱感が意識され、値がさ株を中心に売りが出た。週末接近で、目先の利益確定目的や持ち高整理の売りも出やすかった。下げ幅は一時300円を超えた。

朝方から売りが先行した。18日の米株式市場で米ダウ工業株30種平均は反落した。米長期金利の高止まりを受けて、アップルをはじめハイテク株中心に利益確定売りが出た。米株安で投資家心理が下向き、東京市場でも売りが優勢だった。

香港や中国、韓国、台湾などアジア市場の株安も重荷となり、午前は3万円の大台を下回って終えた。もっとも、下げは健全なスピード調整の範囲との見方が多い。25日移動平均の2万8900円程度までの下落を見込む声もある。

前場の東証株価指数(TOPIX)の騰落率は前日比0.76%安だった。18日前場は前の日比0.54%安で、市場が日銀の指数連動型上場投資信託(ETF)買い入れ発動の目安とみる「0.5%以上の下げ」となったが、日銀はETFを購入しなかった。きょうの買い入れについて市場の見方は二分しており、動向が注目される。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はいずれも続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆2132億円、売買高は6億1128万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1644と全体の75%を占めた。値上がりは468、変わらずは78だった。

シャープや国際石開帝石が売られた。川重三菱自三井E&Sなどの輸送用機器の一角が安かったほか、IHI日揮HDが売られた。太平洋セメ日産化が高い。太陽誘電日立造アドテストが買われた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

80件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World