メニューを閉じる
2022年10月7日(金)
6988 : 半導体・電子部品
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【テープ基幹の総合材料メーカー】液晶・半導体、医療用など多角展開。

現在値(15:00):
8,260
前日比:
+60(+0.73%)

東証前引け 続伸も伸び悩む 2万8000円到達で利益確定売り

2022/7/28 11:52
保存
共有
印刷
その他

28日午前の東京株式市場で日経平均株価は続伸し、前引けは前日比88円46銭(0.32%)高の2万7804円21銭だった。前日の米連邦公開市場委員会(FOMC)通過後の米株高を受けた買いが先行し、朝方には取引時間中では6月10日以来、およそ1カ月半ぶりに節目の2万8000円を上回った。ただ、その後は利益確定売りなどに押されて伸び悩み、下げに転じる場面もあった。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は27日、通常の3倍にあたる0.75%の利上げを決めたFOMC後の記者会見で、利上げペースを緩和する可能性を示唆。今後の利上げ幅が縮小するとの見方が広がり、前日の米株式市場でハイテク株比率の高いナスダック総合株価指数は4%超高と、今年最大の上昇率となった。東京市場でも運用リスクを取りやすくなった投資家の買いが幅広い銘柄に入った。

ただ、2万8000円は今年に入って上値抵抗となっている水準とあって、目標達成感から利益確定売りや戻り待ちの売りを出す投資家が増えた。米金融引き締めが減速するとの観測から外国為替市場で円高・ドル安が進行したことも、輸出関連株のウエートが大きい日本株の上値を抑える要因となった。

市場では「世界の景気後退懸念は根強く、9月のFOMCまで経済指標を注視することになる。日経平均が足元で上昇していたことで、2万8000円が絶好の売り場とみた投資家が多かった」(国内証券のトレーダー)との声があった。

東証株価指数(TOPIX)は続伸した。午前終値は前日比1.07ポイント(0.05%)高の1946.82だった。

前引け時点の東証プライムの売買代金は概算で1兆4167億円、売買高は5億8787万株だった。東証プライムの値上がり銘柄数は705と、全体の38%にとどまった。値下がりは1027、変わらずは105だった。

前日に通期予想を上方修正した三菱自のほか、4~6月期の連結決算(国際会計基準)で増収が好感されたエムスリーの上げが目立った。中部電リクルート東電HDが高い。一方、サイバー積ハウス日東電は下げた。NTNオムロンが売られた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

181件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World