メニューを閉じる
2022年5月18日(水)
9984 : 通信サービス
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【投資持ち株会社】中国・アリババ集団などを保有。ファンド運用も。

現在値(15:00):
5,122
前日比:
+12(+0.23%)

東証前引け 大幅続落、一時700円安 FRBのタカ派傾斜を再意識

2022/1/27 11:57
保存
共有
印刷
その他

27日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅続落し、前引けは前日比690円00銭(2.55%)安の2万6321円33銭だった。26日までの米連邦公開市場委員会(FOMC)通過を受けて朝方は売り方の買い戻しが先行した。金融引き締めに積極的な米連邦準備理事会(FRB)のタカ派傾斜が次第に改めて意識され、海外勢を中心に株売りを促した。下げ幅は一時700円を超えた。

FRBはFOMC後の声明文で政策金利について「まもなく引き上げるのが適切」と表明し、パウエル議長は会見で利上げ後に保有資産の縮小を進める考えも示した。東京市場ではタカ派色が強いと受け止めつつも、日経平均が前日に昨年来安値を更新していたこともあって、短期筋の買い戻しが先行した。

買い戻しが一巡した後は、日本時間27日午前の米株価指数先物の下げも重荷となって、ずるずると下げ足を速めた。パウエル議長は会見で賃金インフレにかなり強い警戒感を示していた。市場では「エネルギー価格の上昇や供給網の混乱といった一時的な要因とは異なり、物価高の抑制が困難になるおそれがある」(国内証券のストラテジスト)との声が聞かれ、海外のCTA(商品投資顧問)など短期筋のみならず長期投資家も次第に持ち高調整を進めた。

日経平均株価を対象としたオプション価格から算出する日経平均ボラティリティー・インデックス(VI)が一時31を超え、2020年6月以来およそ1年7カ月ぶりの水準まで上昇したのも機械的な売りを促したようだ。

東証株価指数(TOPIX)は続落し、下落率は2%に迫った。JPX日経インデックス400も大幅続落した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆7765億円、売買高は6億8453万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1975と、全体の約9割を占めた。値上がりは147銘柄、変わらずは62銘柄だった。

サイバーやソフトバンクグループ(SBG)、エムスリーなどが大幅安。アドテストスクリンも売られた。半面、ファナック丸紅が逆行高。日揮HDINPEXも高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

2937件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World