メニューを閉じる
2021年12月9日(木)
9503 : 電力・ガス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【高い原発依存度】関西経済界の代表格。原発代替電源確保が課題。

現在値(15:00):
1,060
前日比:
-11(-1.03%)

東証前引け 大幅続落、一時900円超安 成長株に売り膨らむ

2021/10/5 11:55
保存
共有
印刷
その他

5日午前の東京株式市場で日経平均株価は大幅に続落し、前日比786円58銭(2.77%)安の2万7658円31銭で終えた。前日の米国市場では、原油高を背景にしたインフレ懸念が改めて意識され、米長期金利上昇への警戒感が一段と強まったことで米株式相場が下げた。この流れを受け、東京市場でも成長(グロース)株を中心に売りが広がった。

株価指数先物への売りが膨らむと、日経平均の下げ幅が拡大し、一時は980円ほど下げた。取引時間中としては、約1カ月ぶりに2万7500円を下回り、年初来高値(3万0670円)から10%超安となる場面もあった。

4日に岸田文雄内閣が発足した。三井住友トラスト・アセットマネジメントの上野裕之チーフストラテジストは「海外投資家を中心に新政権に対する高い期待があったが、いったん冷静になっている」と話す。改革期待で買い持ち高を増やした投資家の売りやオプションのポジション調整で株式相場が下落。担保の追加差し入れ(追い証)の発生を回避するための投げ売りも重なって、下げに歯止めがかからない状況になったとの見方が出ていた。

中国の不動産大手、中国恒大集団を巡る不透明感などグローバルなリスク要因も依然としてくすぶっている。「急いで押し目買いを入れなくても相場に上昇の兆しが見えてから買いに動けばいいという心理が働きやすい」(国内証券)との声もあり、下値を支える買い手の不足も日本株の大幅下落につながった。

JPX日経インデックス400は続落。東証株価指数(TOPIX)も続落し、午前終値は前日比1.75%安だった。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆8411億円、売買高は7億8253万株だった。東証1部の値下がり銘柄数は1914と、全体の9割弱を占めた。値上がりは224、変わらずは44だった。

ファストリが大幅下落。ソフトバンクグループは年初来安値を付けた。ZHD富士電機の下げも大きかった。一方、INPEX出光興産は上昇。双日関西電も上げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

745件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World