メニューを閉じる
2021年4月17日(土)
9433 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合通信会社】「au」ブランドの携帯事業が主力。

現在値(15:00):
3,444
前日比:
-4(-0.12%)

東証前引け 反発し655円高 米金利上昇一服で、買い優勢に

2021/3/1 11:46
保存
共有
印刷
その他

1日午前の東京株式市場で日経平均株価は反発し、前週末比655円25銭(2.26%)高の2万9621円26銭で終えた。前週末に米長期金利の急上昇が一服し、米株式市場でハイテク株を中心に買いが入ったことを好感し、日本株にも買いが広がった。日経平均の上げ幅は一時700円を超えた。

日経平均は前週末に1202円安と大幅に下落したため、自律反発狙いの買いや値ごろ感に着目した押し目買いが入りやすかった。前週末に下げが大きかったソフトバンクG(SBG)のほか、半導体関連株が大きく上げた。

もっとも、日経平均は前週末の下げを一気に埋める勢いはなかった。「きょうは自律反発の面が大きく、米長期金利の上昇に対する警戒感が解けたわけではない」(国内証券のストラテジスト)との指摘があった。「今週発表の米経済指標の結果次第では、再び米金利に上昇圧力がかかる可能性がある」(前出のストラテジスト)と話す。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)はともに反発した。

前引け時点の東証1部の売買代金は概算で1兆1819億円、売買高は5億8098万株だった。東証1部の値上がり銘柄数は1739と約8割を占めた。値下がりは385、変わらずは68だった。

アドテストスクリンSUMCO東エレクなど半導体関連株が総じて買われた。NTTデータやトレンドの情報・通信業の一角や、電通グループ、サイバーなどサービス業の一角も高かった。一方、JR東海、東急、JR西日本小田急など陸運株が安かった。シャープ日揮HDKDDI楽天も下げた。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1248件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World