メニューを閉じる
2022年5月22日(日)
8002 : 総合商社
プライム
日経平均採用 JPX日経400採用

【大手総合商社】芙蓉グループの中核。重電、プラントに強みを発揮。

現在値(15:00):
1,360.5
前日比:
+10.5(+0.78%)

東証寄り付き 一進一退、一時2万7000円割れ 買い戻し先行も続かず

2022/1/27 9:39
保存
共有
印刷
その他

27日前場寄り付きの東京株式市場で日経平均株価は反発して始まったものの、間もなく下落に転じて一時2万7000円を下回った。下げ幅は100円を超える場面があった。その後は前日終値(2万7011円)を挟んで一進一退で推移している。26日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)の結果は金融引き締めに積極的なタカ派色が強かった。事前にある程度織り込みが進んでいたこともあり、買い戻す動きが先行した。

米連邦準備理事会(FRB)はFOMC後の声明文で政策金利について「まもなく引き上げるのが適切」と表明し、次回3月会合での利上げを示唆した。FRBのパウエル議長は会見で利上げ後に保有資産の縮小を進める考えも示した。市場では「タカ派色が強い」との受け止めが広がって、一時は大幅高で推移していた米ダウ工業株30種平均は下落に転換するなど不安定な値動きだった。

一方、東京市場では日経平均株価が前日に昨年来安値を更新するなど先行して米金融政策の正常化前倒しの織り込みを進めていたとの見方もあり、イベント通過を受けた売り方の買い戻しが入って寄り付きの上げ幅は100円を超えた。なお米金融政策への警戒は根強く、戻り待ちの売りなども出た。

JPX日経インデックス400と東証株価指数(TOPIX)も下げに転じる場面がある。

サイバーソニーGが下落している。塩野義大日本住友が安い。半面、ファナック丸紅商船三井が高い。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

479件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World