メニューを閉じる
2021年12月7日(火)
8301 : 銀行
JQ

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(--:--):
--
前日比:
--(--%)

NY円、反落 1ドル=113円65~75銭 米金融政策の正常化観測で

2021/10/26 6:47
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=川内資子】25日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4営業日ぶりに反落し、前週末比20銭円安・ドル高の1ドル=113円65~75銭で取引を終えた。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化を進めるとの見方から円売り・ドル買いがやや優勢となった。

パウエルFRB議長は前週末22日の講演で、供給面での制約によりインフレ圧力が高まった状態が長引く可能性を指摘した。利上げは慎重に進める姿勢も示したが、日銀や欧州中央銀行(ECB)に比べてFRBの金融政策の正常化は早く進むとの見方は強く、ドル買いを促した。

米民主党が党内で調整中だった歳出・歳入関連法案が党内合意に向けて進展していると伝わった。規模は当初計画から大きく縮小されそうだが、合意できれば米インフラ投資法案も前進すると期待される。米景気の支援効果への期待がドルを支えたとの指摘もあった。

ただ、円の下値は堅かった。25日の米債券市場で長期金利は朝方に上昇した後は前週末の終値近辺に戻して推移した。米長期金利が急ピッチで上昇するとの観測がやや後退し、円を支えた。今週後半に続く日銀金融政策決定会合やECB理事会の結果を見極めたいとして積極的な取引を見送るムードも強かった。

円の安値は113円91銭、高値は113円60銭だった。

円は対ユーロで小幅に3日続伸し、前週末比10銭円高・ユーロ安の1ユーロ=132円00~10銭で取引を終えた。

ユーロはドルに対して反落し、前週末比0.0035ドル安の1ユーロ=1.1605~15ドルだった。FRBによる金融緩和の縮小がECBより早く進むとの見方からユーロ売り・ドル買いが優勢となった。

ユーロの安値は1.1591ドル、高値は1.1617ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3750件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World