メニューを閉じる
2022年8月16日(火)
8301 : 銀行
東証

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(10:47):
25,300
前日比:
-800(-3.07%)

NY円、続落 1ドル=136円55~65銭 一時24年ぶり安値の137円台

2022/6/30 6:43
保存
共有
印刷
その他

【NQNニューヨーク=戸部実華】29日のニューヨーク外国為替市場で円相場は4日続落し、前日比45銭円安・ドル高の1ドル=136円55~65銭で取引を終えた。一時は137円00銭と1998年9月以来、24年ぶりの円安・ドル高水準を付けた。米連邦準備理事会(FRB)が積極的な金融引き締めを続けるとの見方が改めて広がった。大規模な金融緩和を続ける日銀との違いを意識した円売り・ドル買いが優勢だった。

FRBのパウエル議長は欧州中央銀行(ECB)が29日に開いた金融シンポジウムで「米労働市場は非常に強く、金融引き締めに耐えられる」と述べた。「最大の間違いは物価安定の回復に失敗することだ」とも話し、景気を犠牲にしてでもインフレ抑制を重視するとの見方を誘った。

四半期末と月末を控えたドル買い需要も、円相場の重荷となったとの指摘があった。

円は売り一巡後は下げ渋った。137円ちょうどを付けた後は一段と円を売る動きは広がらず、目先の利益を確定する円買い・ドル売りが優勢になった。米長期金利が前日比0.08%低い3.09%で終え、日米金利差の縮小も円相場を下支えした。

円の高値は136円35銭だった。

円は対ユーロで上昇し、前日比70銭円高・ユーロ安の1ユーロ=142円60~70銭で取引を終えた。

ユーロは対ドルで続落し、前日比0.0080ドルユーロ安・ドル高の1ユーロ=1.0435~45ドルで取引を終えた。29日発表の6月のドイツの消費者物価指数(CPI)の上昇率が市場予想を下回った。ECBが金融政策の正常化を加速するとの観測が和らぎ、ユーロ売り・ドル買いが優勢になった。四半期末と月末を控えたドル買い需要に加え、ECBのシンポジウムでのパウエル議長のタカ派発言もユーロ相場の重荷となった。

ユーロの安値は1.0435ドル、高値は1.0528ドルだった。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

4726件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • 株探
  • QUICK Money World