メニューを閉じる
2021年11月28日(日)
8301 : 銀行
JQ

日本の中央銀行。上場しているが、株式の取引量は少ない

現在値(9:40):
26,000
前日比:
-100(-0.38%)

米株安重荷 ファナック株も注目(先読み株式相場)

2021/10/28 8:10
保存
共有
印刷
その他

28日の東京株式市場で日経平均株価は続落しそうだ。27日の米市場で連日で最高値を更新していたダウ工業株30種平均が下落したのが重荷となる。今期業績見通しを下方修正したファナックに売りが膨らめば、日経平均を下押しする可能性もある。日経平均は2万8600円程度が下値メドになりそうだ。

27日の米株式市場でダウ平均は4営業日ぶりに反落し、前日比266ドル(0.74%)安だった。業績見通しが物足りないとの見方からクレジットカードのビザが大幅安となったのが重荷だった。米長期金利が低下し、金融株への売りも目立った。ハイテク株比率が高いナスダック総合株価指数はほぼ横ばいだった。

日本時間28日早朝の大阪取引所の夜間取引で日経平均先物は下落した。12月物は前日の清算値と比べ300円安い2万8700円で終えた。この水準にさや寄せする形で日経平均は安く始まりそうだ。

27日の日経平均は特段の材料がない中、大引けにかけて下げ幅を縮めるなど、短期投資家による指数先物の動きに左右される展開が目立った。31日の衆院選の投開票を控え様子見ムードは強く、東証1部の売買代金は3兆円割れが続いている。きょうも27日の海外市場や国内企業決算を材料にした売買が一巡した後は日経平均は上にも下にも、不安定な動きとなる可能性がある。

個別で注目なのは、ファナック。半導体などの部品不足で生産が停滞し、2022年3月期の連結純利益見通しを従来の1560億円から、1508億円に引き下げた。発表後の私設取引では売りが優勢となった。JR東海は22年3月期の連結最終損益について、従来の150億円の黒字から一転して300億円の赤字になりそうだと発表した。

きょうは大引けで東証株価指数(TOPIX)の浮動株比率見直しに伴う売買が発生するため、売買代金が増える見通し。ソフトバンク、三菱商などに買い需要が発生する一方、ソフトバンクGなどに売り需要が発生するという市場の見方がある。

国内ではソニーG、武田、コマツなどが、海外ではアップル、アマゾン・ドット・コムなどが決算を発表する。日銀は金融政策決定会合の結果を公表し、黒田東彦総裁が記者会見する。金融政策の変更は見込まれておらず、相場への影響は限定的だろう。欧州中央銀行(ECB)も理事会の結果を発表する。

〔日経QUICKニュース(NQN)〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3758件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World