メニューを閉じる
2021年1月17日(日)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
7,733
前日比:
-130(-1.65%)

株主優待で得をしない人たち

日経ビジネス
コラム(ビジネス)
2020/11/24 2:00
保存
共有
印刷
その他

株主優待品はオペレーション係とチェック係で開封する(日本マスタートラスト信託銀行本店)(写真:稲垣純也)

株主優待品はオペレーション係とチェック係で開封する(日本マスタートラスト信託銀行本店)(写真:稲垣純也)

日経ビジネス電子版

日本マスタートラスト信託銀行(MTBJ)という名前を聞いたことがあるだろうか。資産管理業務を専門に取り扱う、つまり有価証券の保管や管理を行う日本初の信託銀行として2000年に業務を開始した。20年3月末の資産管理残高は412兆円と日本の国家予算の何倍もの規模だ。

もう少しその仕事を具体的に言うと、年金基金や投資信託などの信託資産を預かって管理すること。年金基金や投資信託など資金の出し手、つまり投資家は一般的に投資顧問などの運用会社に運用を委託する。彼らは「資産運用のプロ」だ。対して決済業務、有価証券の保管、残高管理、配当の受け入れなどの管理業務を手掛けるMTBJは「資産管理のプロ」というわけだ。

こういった管理のプロは別名「カストディバンク」や「カストディアン」とも呼ばれる。そして株主名簿には名義人としてその名前が載ることも多い。例えばトヨタ自動車の20年3月末時点の大株主上位10社を見ると、一番上に日本トラスティ・サービス信託銀行、次が豊田自動織機、3番目にMTBJが来る。日本トラスティ・サービス信託銀行もMTBJと同じカストディアンだ。

それでは株主優待を絡めた本題に入ろう。MTBJは投資家の資産を管理しているだけ。自分たちが投資しているわけではない。だがお金を出している実質株主に代わって株主名簿に載る名義人になることが多いため、株主優待品はMTBJのところに送られてくる。しかしMTBJはあくまで管理人の立場。株主優待という経済的利益を本来受け取る権利は資金の出し手にあるため、MTBJは優待品を「信託財産」として厳重に管理している。

東京都港区にあるMTBJの本店に株主優待品が届くと、オペレーション係、チェック係という2人体制で開封して中身を確認、管理台帳システムに登録しセキュリティーが厳重な金庫で保管する。その扱いは優待品がコメだろうが缶詰だろうが、小切手と同様だ。冷蔵や冷凍で届くものもあるため、冷蔵庫も冷凍庫も完備してある。

届く量が多いため、外部の倉庫も活用する。証券会社のように廃棄することなどは一切ない。「あくまで届いた優待品は大事な信託財産だから、しっかり管理している」(木村通利・業務企画推進部ビジネス開発グループグループマネージャー)のだ。

■金券ショップを支えている

そして基本的な考え方として、優待で届いた品は換金することになっている。面談などで適正と判断した複数の買い取り業者による入札を年に5~6回実施し、クオカードや航空券などを最も高値を提示した業者に売る。ここでもできるだけ高く売る努力は惜しまない。換金して得たお金は即、信託契約を結んでいる顧客の口座に配分する。こうした年間換金額は3~4億円に達するという。

街中の金券ショップで株主優待の航空券や各種入場チケットなどを購入したことがある人も多いだろう。MTBJのようなカストディアンは、こうした金券ショップにおける最大級の供給者だ。個人株主も不要になった優待券を売りに来るが、カストディアンはその量が桁外れに多い。金券ショップで株主優待関連チケットの値段が一定に保たれているのは、カストディアンが常に大量にタマを供給しているからでもある。

だが当然、MTBJに届く優待品は換金できるものだけではない。冷蔵、冷凍で送られてきたものや保管期限が早期に切れてしまう食料品などは換金できないため、寄付する決まりになっている。早期に消費しなければいけないものはすぐに電話して寄付先に引き取りに来てもらうという。寄付先についても厳格な基準をクリアした社会福祉法人や社会福祉協議会に選定してもらう仕組みを導入。寄付先は公平性を勘案し、毎年変えるという念の入れようだ。

こうした一連の流れには大変な手間とコストがかかっている。外部倉庫のレンタル料も当然、MTBJ持ち。そして換金したお金についても顧客の口座に戻すため、自らの収入には一切ならない。MTBJに届く大量の株主優待品は、1円の実入りも生まず、コストだけがかかる存在だ。株主優待で一切得をしない人たち。それはカストディアンの悲哀でもある。

(日経ビジネス 奥 貴史)

[日経ビジネス電子版2020年11月19日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3864件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World