メニューを閉じる
2021年1月20日(水)
7012 : 産業用装置・重電設備
東証1部(優先)
日経平均採用

【総合重機2位】陸海空に展開。航空宇宙、中大型二輪車に強み。

現在値(13:43):
2,454
前日比:
-34(-1.37%)

メディカロイド、国産初の手術支援ロボ公開

関西
ヘルスケア
2020/11/18 18:00
保存
共有
印刷
その他

川崎重工業と検体検査機器大手のシスメックスが折半出資するメディカロイド(神戸市)は18日、8月に製造販売承認を取得した国産初の手術支援ロボット「ヒノトリ サージカルロボットシステム」を報道陣に公開した。まず泌尿器科から適用し、消化器外科、産婦人科や呼吸器外科などに利用を広げる。早くて2022年にも欧米などグローバル展開を始めるほか、データを活用し将来的には一部を自動化することも検討する。

「4番アームの鉗子(かんし)を抜いてください」――。18日、メディカロイドは医師が手術支援ロボットで鉗子と呼ばれる手術器具を自由に操るデモを公開した。同システムは手術器具などを持たせる4本の腕を持つロボットなどで構成。手術台の隣に設置して使う。デモではコミュニケーションをとりながらきめ細かく縫合する医師の様子を再現して見せた。

同日記者会見したメディカロイドの浅野薫社長は、「将来的には手術の一部を自動化できるようになる」と自信を見せた。次世代通信規格「5G」を活用した遠隔手術も視野に入れている。

国内では手術支援ロボットは、米インテュイティブサージカルの「ダビンチ」が先行し、国内市場もダビンチがほぼ独占してきた。メディカロイドは産業用ロボットで実績のある川重の技術を応用し、国内で開発・生産することでより「川重の強みである顧客のニーズに合った製品開発やサービスサポートを進める」(川重の橋本康彦社長)。

大きさをダビンチよりもコンパクトに抑えることで、専用の手術室がいらないよう設計し、様々なパッケージを用意し、価格も抑える。グローバルの手術支援ロボの市場は30年には20年比3.6倍の2兆円規模になるとみられる。メディカロイドはヒノトリの販売拡大や手術のデータベース蓄積、自動化などを進め、30年には国内外で1千億円の売上高を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

383件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World