メニューを閉じる
2021年4月11日(日)
4902 : 情報機器・通信機器
東証1部
日経平均採用

【複写機大手】写真関連から撤退し、複写機、光学部品に集中。

現在値(15:00):
598
前日比:
+16(+2.75%)

SDGsの取り組みが進んでいる企業は?

朝刊1面を読もう
2020/11/17 7:00
保存
共有
印刷
その他
2020年11月17日の日本経済新聞朝刊1面に「オムロンなど二酸化炭素2割減」という記事がありました。日本経済新聞社は国内731社についてSDGs(持続可能な開発目標)への取り組みを調査しました。どのような企業でSDGsの取り組みが進んでいるのでしょうか。

ここが気になる

SDGsは経済や社会、環境などについて地球規模で取り組むべき目標として2015年に国連が設定しました。「貧困をなくそう」「気候変動に具体的な対策を」をはじめとする17のゴールで構成されています。SDGsの目標を自社の事業や社会貢献活動と関連付けて経営指針に取り入れる企業が増えています。

総合的に最も取り組みが進んでいると評価されたのはキリンホールディングス(HD)、コニカミノルタリコーでした。そのうちリコーはサプライヤーと一体となって2030年までにCO2排出量を20%減らす目標を掲げています。オムロンは既にCO2を2割減らしています。4つの事業所で太陽光発電設備を新設し、再生可能エネルギーを使った生産に切り替えたといいます。サッポロHDはビールの製造工程で発生する排熱を利用しCO2を2割減らしました。

気候変動への意識は今後も高まっていくとみられます。調査では20年度についても3社に1社が19年度よりCO2排出を減らすとの見通しを示しています。また資源の有効活用や生態系の保全を事業の機会と捉える企業も増えています。さまざまなアプローチからSDGsの取り組みが進んでいくことを期待したいです。

若手編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は11月17日の朝刊1面を読んでみてください。

この記事をまとめた人:渡部加奈子
2015年入社。保育・女性活躍の取材を経て、コンテンツマーケティングを担当。環境に後ろめたい気持ちで暖房をつけている。
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

232件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World