メニューを閉じる
2020年12月6日(日)
7012 : 産業用装置・重電設備
東証1部(優先)
日経平均採用

【総合重機2位】陸海空に展開。航空宇宙、中大型二輪車に強み。

現在値(15:00):
1,602
前日比:
+17(+1.07%)

川崎重工、坂出工場で減損39億円 造船価格競争厳しく

香川
四国
自動車・機械
2020/10/29 18:48
保存
共有
印刷
その他

川崎重工業は29日、船舶海洋事業を手掛ける坂出工場(香川県坂出市)で2020年7~9月期に39億円の減損損失が生じたと発表した。船舶海洋事業が21年3月期まで2期連続で営業赤字を見込むほか、中韓勢との価格競争などで今後の船の受注が厳しくなることなどを見込み、特別損失として計上した。

川崎重工業は坂出工場でLPG運搬船などを建造している

29日に20年4~9月期の連結決算を発表した。液化石油ガス(LPG)運搬船などを手掛ける坂出工場で「(船舶海洋事業で見込む)2期連続の営業赤字がトリガーとなった」(山本克也副社長)。

9月末時点で、同社の船舶海洋事業の受注残は神戸工場(神戸市)と合わせ、LPG運搬船や潜水艦など8隻。約1年半分の受注残があるが「韓国や中国との激しい価格競争があり、利益の出るレベルの価格での受注が難しい」(山本副社長)として造船所の価値評価を減額した。同社は12年3月期にも坂出工場などで約149億円の減損損失を計上している。

同社は21年3月期の船舶海洋事業の営業損益が30億円の赤字(前期は6億円の赤字)になると見込む。船舶海洋事業を巡っては、同社は世界初の液化水素運搬船の実験船を開発しており、今後商用化も進めるため、坂出工場の活用も焦点となる。同社は11月2日にも新たな事業方針の発表を予定しており、厳しい造船の状況も踏まえた新たな指針を示す見込みだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

331件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World