メニューを閉じる
2020年11月29日(日)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
7,252
前日比:
-49(-0.67%)

車8社世界生産、9月は14カ月ぶりプラス 中国が好調

自動車・機械
2020/10/29 18:05
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車など国内の乗用車メーカー8社が29日に発表した9月の世界生産は、前年同月比1.5%増の239万35台だった。新型コロナウイルスの影響で前年割れが続いてきたが、中国生産などが好調で2019年7月以来14カ月ぶりにプラスとなった。

世界生産は、国内外で工場が停止し前年同月比6割以上の減少に見舞われた4、5月を底に回復傾向が続いている。7月は14.2%減、8月は12.5%減だった。20年度上半期(4~9月)としてみると、前年同期比29.2%減の969万209台だった。

9月単月の世界生産は8社のうち5社が前年同月の実績を上回った。トヨタは11.7%増の84万1915台で、9カ月ぶりにプラスに転じた。ホンダも9.9%増の47万2696台で14カ月ぶりに前年同月超えとなった。

一方で三菱自動車は主力の東南アジア市場の需要低迷が続いており、39.9%減と回復が遅れている。日産自動車も20%減だった。

海外生産は2.1%増の159万8779台で、18年10月以来のプラスとなった。けん引役となったのは中国や米国だ。特に中国はトヨタが48.5%増。ホンダも「シビック」などの車種が好調で33.9%増だった。

国内生産も0.3%増の79万1256台だった。完成検査問題の影響で前年に生産台数を絞っていたスズキを除いて8月は軒並みマイナスとなっていたが、9月は5社で前年同月より増えた。

一方で国内販売は14.8%減でマイナスが続く。トヨタも8.2%減だったが、前年9月は「消費増税前の駆け込み需要もあった」(同社)として通常よりも高い販売実績を記録していたと説明している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3821件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World