メニューを閉じる
2020年11月26日(木)
9984 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【投資持ち株会社】中国・アリババ集団などを保有。ファンド運用も。

現在値(10:43):
7,022
前日比:
+152(+2.21%)

AMD、ザイリンクスを3兆6000億円で買収 株式交換で

2020/10/27 21:59 (2020/10/28 5:18更新)
保存
共有
印刷
その他

AMDは好調な株価を背景に大型買収に踏み切る(写真は同社のプロセッサー)

AMDは好調な株価を背景に大型買収に踏み切る(写真は同社のプロセッサー)

【シリコンバレー=佐藤浩実】米半導体大手のアドバンスト・マイクロ・デバイス(AMD)は27日、同業の米ザイリンクスを買収すると発表した。株式交換による買収額は350億ドル(約3兆6000億円)。中長期で成長が見込めるデータセンターや通信分野の事業基盤を強化し、米インテルや米エヌビディアに対抗する。

規制当局の承認取得を進め、2021年末までの統合をめざす。買収はすべて株式交換で実施し、ザイリンクス株1株に対してAMD株1.7234株を割り当てる。

AMDはパソコンやサーバー向けのCPU(中央演算処理装置)とGPU(画像処理半導体)を手掛け、今年9月末までの12カ月間の売上高は86億ドルだった。同じ期間の売上高が780億ドルだった競合のインテルと比べると規模は小さいが、新製品の売れ行きが好調で足元ではシェアを伸ばしている。

ザイリンクスは「FPGA」と呼ぶ半導体に強みを持つ。FPGAは回路の構成を変更でき、汎用性に優れるCPUと、用途を絞って省電力性を高めた専用半導体の両方のメリットを備えるのが特徴だ。最近はデータセンターでの利用が増えており、ザイリンクスの直近12カ月の売上高は30億ドルだった。

AMDは1969年に発足し、パソコン向けCPUなどで米インテルと競合している=AP

AMDは1969年に発足し、パソコン向けCPUなどで米インテルと競合している=AP

FPGAをめぐってはインテルが15年に、ザイリンクスに次ぐ規模の売上高があった米アルテラを167億ドルで買収した。人工知能(AI)の膨大な計算を効率良く行うため、データセンターでCPUの代わりにFPGAを使う動きが出てきたためだ。AMDによるザイリンクスの買収もこの戦略を踏襲するものとなる。FPGAはエヌビディアが得意なGPUとも競合する。

AMDは長らくCPUの下位メーカーに甘んじていたが、近年は生産委託先を台湾積体電路製造(TSMC)に切り替えるなどてこ入れを進めてきた。新型コロナウイルス禍のパソコン特需もあり、株価は20年初めと比べて6割上昇。時価総額は10月26日の終値ベースで960億ドルに達していた。好調な株価を生かしてM&A(合併・買収)に踏み切る。

20年に入り、半導体業界では大型M&Aの発表が相次いでいる。7月には米アナログ・デバイセズ(ADI)が同業の米マキシム・インテグレーテッド・プロダクツを209億ドルで買収すると表明。9月にはエヌビディアがソフトバンクグループ傘下の英アームを最大400億ドルで取得する計画を公表した。株式交換を活用し、現金の持ち出しを抑える点も共通する。

ただハイテク技術の根幹となる半導体企業の再編は、各国・地域の当局による審査にてこずることも少なくない。例えば18年3月にはトランプ米大統領が、当時シンガポールに本社を置いていたブロードコムによる米クアルコムの買収を禁じる大統領令を出した。同年7月には想定の期日までに中国当局の承認を得られず、クアルコムによるNXPセミコンダクター(オランダ)の買収が破談になった。

AMDとザイリンクスはともに中堅規模の半導体企業で、独占禁止法に触れるリスクは少ないとみられる。だが、スムーズに手続きが進むかどうかは予断を許さない面もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

2242件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World