メニューを閉じる
2020年12月5日(土)
9433 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合通信会社】「au」ブランドの携帯事業が主力。

現在値(15:00):
2,990.5
前日比:
-38.5(-1.27%)

KDDI、「UQ」で大容量割安プラン ソフトバンクも

ネット・IT
2020/10/27 18:53 (2020/10/28 5:25更新)
保存
共有
印刷
その他

KDDIはUQモバイルで安価な料金プランを打ち出す

KDDIはUQモバイルで安価な料金プランを打ち出す

KDDIは格安ブランド「UQモバイル」の携帯電話料金をめぐり、20ギガ(ギガは10億)バイトのデータ容量で月額3980円(税抜き)の新たなプランを導入する方針を固めた。ソフトバンクも「ワイモバイル」で安価な新プランを始める。両社は28日にも発表する。菅義偉政権の値下げ要請に応じ、幅広い顧客の獲得につなげる。携帯各社による値下げ競争が過熱しそうだ。

菅政権は20ギガバイト以上である「大容量プラン」の価格が海外に比べて高いとして、携帯各社に値下げを求めていた。「大容量プランで月5000円以下」が目安とされ、各社で検討している。

KDDIは主力の「au」ブランドとは別に、UQモバイルで安価な料金設定を打ち出す。UQモバイルの月額3980円の新プランは、現行の通信規格「4G」を対象とし、2021年1~3月にも導入する。60分500円の通話料金を加えても税込みで5000円を切る見通しだ。

auブランドではデータ無制限で月額7650円のプランを用意するが、20ギガバイトのプランはなかった。新プランは、動画配信サービスの利用も想定した20ギガバイトとすることで、価格を重視する若者層などに割安感をアピールする狙いがある。

携帯他社ではソフトバンクもワイモバイルで20ギガ~30ギガバイトのデータ容量を、月額5000円を下回る価格で提供することを検討。NTTドコモも値下げを検討している。

総務省は27日、携帯料金の引き下げに向けた新たな行動計画を発表。計画を踏まえた携帯各社の動向に注目が集まっていた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1215件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World