メニューを閉じる
2020年12月4日(金)
9984 : 通信サービス
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【投資持ち株会社】中国・アリババ集団などを保有。ファンド運用も。

現在値(11:30):
7,233
前日比:
-148(-2.01%)

一番人気はiPhone8、20年第3四半期の中古取引市場

BP速報
モバイル・5G
2020/10/26 13:20
保存
共有
印刷
その他

2020年第3四半期の中古iPhoneランキング(出所:マーケットエンタープライズ)

2020年第3四半期の中古iPhoneランキング(出所:マーケットエンタープライズ)

日経クロステック

中古品ネット販売のマーケットエンタープライズ(東京・中央)は22日、2020年第3四半期(7~9月)における中古iPhoneの取引数ランキングを発表した。同ランキングは、中古スマホ端末取引の大手4市場(ヤフオク!、メルカリ、ムスビー、ラクマ)の動向を分析した結果である。また今回は、最新の「iPhone 12」シリーズと通信料金値下げ議論の影響についても言及している。

■iPhone 8とiPhone 7が依然人気

今回の中古iPhone市場ランキングのトップ10は前四半期と同様に、9位までを「iPhone 8」と「iPhone 7」が占めた。動きがあったのはランク外。「iPhone SE」(第2世代)の取引数が前四半期と比べて最も増加した。特にiPhone SE 64GBは前四半期比で1517%という驚異的な伸びを示した。マーケットエンタープライズは、iPhone SEはiPhone 8とほぼ同じ見た目にもかかわらず、「iPhone 11」シリーズに搭載されたA13 Bionic(バイオニック)チップを備え、新品でも価格は4万円台という条件が相まって、新品・未使用品のiPhone SEと中古のiPhone 8を比較検討するユーザーが増加しているとみている。

■iPhone 12 mini乗り換えでiPhone 11離れが進む

マーケットエンタープライズは今回、第12世代以降のiPhoneについて、その取引数などを前四半期と比較した。ほとんどのモデルで減少あるいは横ばいとなった一方、ハイエンドモデルのiPhone 11 Pro/Pro Maxは取引数が増加したという。この傾向は20年11月発売のiPhone 12 miniの後押しにより続くとみている。「iPhone 12 miniの価格は税別7万4800円から。iPhone 11 Pro/Pro Maxは元値からの下落率が低く、再販価値が高い機種である。機種変更を考えているiPhone 11 Pro/Pro Maxユーザーが端末を売却し、それを資金に新品のiPhone 12 miniを購入したとしても十分にお釣りがくる。ハイエンドモデルを手放し、それと引き換えに新品のiPhone 12 miniを手に入れるという新たな消費行動が生まれるかもしれない」(同社)

今後の見通しとして同社の菅野辰則アナリストは、「iPhone 12シリーズは5G対応機種として注目を集めているものの、残念ながら日本では5Gの恩恵を受けられる環境がまだ整っていない。これを理由に新シリーズへの買い替えを踏みとどまるユーザーが一定数出てくることから、iPhone 12シリーズ発売によるiPhone中古市場への影響は大きくないだろう」とみる。

また、菅内閣の目玉政策「携帯電話の通信料値下げ」が実現した場合については、「分離プランの影響も相まって、端末購入の負担がより一層顕在化するだろう。キャリア各社の買い替えプログラムの利用増加が考えられる。買い替えプログラムでは2年ごとにユーザー端末の回収を行うため、回収端末が増加していく。KDDI(au)とソフトバンクではサブブランド(UQモバイルとワイモバイル)がリファービッシュ品(修理・整備して再販売するもの)として販売している。現在サブブランドを持っていないNTTドコモNTT持ち株会社の完全子会社となるとその方針が変わる可能性がある。各社のリファービッシュ品の販売活発化が進むと、中古での購入が一般化されるようになり、中古端末の適正価格を調べる動きがユーザーの間で広がり、中古スマホ相場のデータがより重要になりそう」(菅野アナリスト)という。

(日経クロステック 加藤雅浩)

[日経クロステック 2020年10月23日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

2245件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World