メニューを閉じる
2021年1月24日(日)
7581 : 飲食店
東証1部

【イタリアンレストラン】低価格メニューに特色。直営店が中心。

現在値(15:00):
2,110
前日比:
+42(+2.03%)

サイゼリヤ、2期連続赤字36億円 21年8月期

2020/10/14 19:53 (2020/10/15 5:05更新)
保存
共有
印刷
その他

国内店舗は外出自粛の影響が長引いて客足の戻りが鈍い

国内店舗は外出自粛の影響が長引いて客足の戻りが鈍い

サイゼリヤは14日、2021年8月期の連結最終損益が36億円の赤字になりそうだと発表した。前期(34億円の赤字)に続き2期連続の最終赤字となる。海外店舗は新型コロナウイルス禍からの回復を想定するが、国内は外出自粛の影響が長引いて客足の戻りが鈍い。不採算店舗など固定資産の減損損失も計上する。

売上高は前期比6%増の1350億円を見込む。海外を中心に店舗数を拡大するため増収になる。既存店売上高は中国が中心の海外で10%増を見込むが、国内は微減になる。営業損益は10億円の赤字(前期は38億円の赤字)になる見通しだ。

記者会見で堀埜一成社長は「経済がコロナの感染拡大前に戻らない前提で事業モデルを構築しないといけない」と指摘。そのうえで「国内事業は損益分岐点が高いことが弱点」として、店舗の人件費を削減する。開店前や閉店後の作業時間を減らす。

一方、設備投資額は109億円と前期比で63%増やす。在宅勤務の広がりなどを受けて宅配や持ち帰りに対応した従来の6割程度の広さの小型店を展開する。厨房の設備や店員を減らせ、月間の売上高も通常店と同規模を確保できると想定する。

同日発表した20年8月期の連結決算は、売上高が前の期比19%減の1268億円、営業損益は38億円の赤字(前の期は95億円の黒字)だった。営業赤字は初めて。最終損益の赤字は11年ぶりになる。直近6~8月期の売上高は288億円と3~5月期(211億円)より持ち直した。アジア事業の営業利益は黒字を確保した。

資金面では運転資金確保のため5月末までに短期借り入れで100億円を調達した。コロナ禍の業績悪化に備える。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

99件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World