メニューを閉じる
2020年12月2日(水)
7751 : 情報機器・通信機器 日経平均採用 JPX日経400採用

【OA総合メーカー】カメラ、複写機、プリンター、半導体装置を展開。

現在値(14:49):
1,942.0
前日比:
+71.5(+3.82%)

ザイオソフト、肺炎画像をAIで診断 コロナに応用

新型コロナ
コラム(ビジネス)
ヘルスケア
2020/10/5 2:00
保存
共有
印刷
その他

ザイオソフトが解析した新型コロナウイルス感染者のCT画像

ザイオソフトが解析した新型コロナウイルス感染者のCT画像

NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

医療用画像処理システムのザイオソフト(東京・港)は年内にも、肺全体に病変が広がる「びまん性肺疾患」を人工知能(AI)で解析するソフトウエアを発売する。人間の目で分かりにくい病気の広がりや呼吸機能の状態を高い精度で判別。新型コロナウイルス感染の診断や重症度の評価にも応用できるとみて、医療機関と研究を進める。

びまん性肺疾患の画像解析ソフト「QZIP-ILD」を開発した。年内にも厚生労働省の製造販売承認を取得して発売を目指す。価格は未定だが、専用のハードウエアなどと一式で数百万円となる見通しだ。

びまん性肺疾患は病変が肺全体に広がる病気で、肺の組織が線維化して硬くなる「間質性肺炎」などがある。関節リウマチのような自己免疫疾患が引き起こすほか、抗がん剤などの副作用で発症するケースもあり生命を脅かす。

びまん性肺疾患は画像による正確な診断が難しい。コンピューター断層撮影装置(CT)の画像は白い影が複雑に入り交じり、医師による目視だけでは「病状を定量的に分析することが難しい」(ザイオソフトの長田剛副社長)という。そこで「AIの目」を活用する。

開発したソフトは、すりガラスや蜂の巣のような形の影として映るびまん性の病変をAIが自動認識する。病変のタイプごとに色分けして、病変の容積や肺の呼吸機能も数値で示す。医師は病変の広がりや進行度を的確に評価して、効果的な治療方法を見つけやすくなる。

同ソフトは「新型コロナウイルス感染症にも使える可能性がある」(長田氏)。新型コロナが引き起こす肺炎のCT画像はびまん性肺疾患と類似点が多い。そこで神奈川県立循環器呼吸器病センター(横浜市)と、新型コロナへの応用に向けた技術評価を進めている。感染診断や重症化の予測に使える可能性があるという。

富士フイルムホールディングスキヤノン子会社のキヤノンメディカルシステムズも、びまん性肺炎の診断を目的に開発を進めてきたAIを新型コロナに転用する方針だ。年内の発売を目指し、AIを搭載した診断支援ソフトの開発に取り組んでいる。

ザイオソフトは医療用画像処理システムの専業で、CTや磁気共鳴画像装置(MRI)の画像を3次元にして医師が見たい所を強調表示する技術などに強みを持つ。特定メーカーの画像診断装置にしばられない特徴もあり、国内の医療用画像処理システムでは約6割のシェアを握るといい、特に大学病院などを持つ医学系大学では「ほぼ100%採用されている」(茅野秀介社長)としている。

(企業報道部 大下淳一)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

375件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World