メニューを閉じる
2020年12月2日(水)
7751 : 情報機器・通信機器 日経平均採用 JPX日経400採用

【OA総合メーカー】カメラ、複写機、プリンター、半導体装置を展開。

現在値(15:00):
1,945.0
前日比:
+74.5(+3.98%)

8月のデジカメ出荷、前年比47%減 CIPA調べ

エレクトロニクス
2020/10/1 13:33
保存
共有
印刷
その他

カメラ映像機器工業会(CIPA)は1日、8月のデジタルカメラの世界出荷が前年同月比47%減の68万3000台だったと発表した。7月には新型コロナウイルスの感染拡大で急減した需要が回復傾向をみせていたが、日本で大きく落ち込むなど下げ幅が再び拡大した。

新型コロナでの急減後に出荷は一部回復していたが再び減少に転じた(東京都千代田区のビックカメラ有楽町店)

地域別にみると、日本での出荷が前年同月比55%減と最も大きく減った。日本では夏休み前の7月下旬に政府による国内旅行の支援事業「Go To トラベル」が始まったが、東京発着は除外されており、お盆の帰省などの外出や行楽が減ったことなどもカメラの購入に影響した可能性がありそうだ。

他の地域での回復も遅れている。米州や欧州、日本と中国を除くアジア地域ではそれぞれ5割減少した。これに対し、中国では16%減にとどまった。

機種別では一眼レフが58%減の17万3000台、コンパクト型は52%減の28万5000台、ミラーレスは22%減の22万4000台だった。

簡単に高画質な写真が撮れるスマートフォンの台頭によりデジカメ市場が縮小するなか、業界全体の収益の軸は小型軽量ながら高画質な動画像が撮れるミラーレスに移っている。金額ベースでは1~8月の累計でミラーレスが全体の53%と過半を占める。

ニコンはこのほど10月と12月にミラーレス向けのレンズ2本を発売すると発表した。レンズを通る光が多いためシャッタースピードを速くしても明るい画像が撮れるレンズで、プロやハイアマチュアの需要を見込む。

特に明るさの指標である「F値」が2.8のレンズは広角・標準・望遠の3種類をあわせて「大三元レンズ」と呼ばれ、プロの需要を取り込むうえで重要とされる。同社が発売するレンズのうち1本は大三元の広角レンズにあたり、ようやく3本がそろうことになる。

大手ではミラーレスをいち早く投入したソニーがシェアを伸ばし、キヤノンが追随する構図だ。出遅れたニコンは交換レンズのラインアップ拡充を急ぐ。

ソニーは10月にミラーレスで小型軽量の新機種を発売するほか、キヤノンはミラーレス機とレンズ規格が共通の映画用カメラの低価格機を11月に発売する。デジカメ市場の先行きが見通しにくいなか、プロやハイアマチュアの底堅い需要を巡って競争が過熱している。(橋本剛志)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

375件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World