メニューを閉じる
2020年11月24日(火)
7453 : 専門店・ドラッグストア
東証1部
JPX日経400採用

【「無印良品」展開】企画から小売りまで一体。アジアで出店加速。

現在値(10:39):
2,301
前日比:
+30(+1.32%)

良品計画がミャンマー産コーヒー ケシ畑からの転換支援

2020/9/28 17:17
保存
共有
印刷
その他

雑貨店「無印良品」を運営する良品計画はミャンマー産のコーヒーの販売を始めた。麻薬の原料にもなるケシから栽培転換した農家のコーヒーを使う。環境負荷が高く重労働を伴うケシの栽培から、持続可能なコーヒーの栽培への転換を支援し、農家の収益向上につなげる。

良品計画が販売を始めた「ミャンマーのコーヒー豆」

商品名は「ミャンマーのコーヒー豆」。深いコクと香ばしさを感じられ、ミルクに合う濃厚な味わいだという。

ケシの栽培がさかんだったミャンマーのシャン州南部でコーヒー栽培に転換した農家の豆を使う。ケシとコーヒーの栽培条件は似ており、同じ場所で育てられるという。

同社の現地調査によれば、焼き畑農法によるケシ栽培では数回収穫するたびに土地が痩せ、新しい場所に移動する必要があった。コーヒーは1カ所にとどまって栽培できるため労働環境の改善や環境負荷の軽減にもつながるという。

シャン州ではミャンマー政府や国連薬物犯罪事務所(UNODC)が協力し、アヘン対策としてケシ栽培の転換を進めてきた。

これまで輸出に向かないとしてミャンマー国内で低価格で消費されてきた小粒の豆を適正価格で買い取る。焙煎後の実寸約8ミリメートルの豆を使う。ミャンマーコーヒーは2018年に欧州向けの出荷を始めたが、小さなものは対象外だったという。

内容量は200グラムで、価格は990円。約2000袋の数量限定で販売する。国内の無印良品の店舗と同社のオンラインショップで販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

164件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World