メニューを閉じる
2020年10月26日(月)
8801 : 不動産・住宅
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【デベロッパー最大手】賃貸、分譲、ホテル事業など多角展開。

現在値(15:00):
1,881.5
前日比:
-6.5(-0.34%)

三井不動産、第2号CVCを設立 運用額85億円

2020/9/16 18:21
保存
共有
印刷
その他

三井不動産は16日、ベンチャーキャピタル(VC)のグローバル・ブレイン(東京・渋谷)と連携し、2つ目のコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)を設立したと発表した。事業を始めて間もない「アーリー期」以降のスタートアップを対象に、不動産や農業などを重点領域に据える。スタートアップ支援を本業強化や新規事業の発掘につなげる狙いだ。

モビリティーや農業、宇宙など15領域に重点投資する

名称は「31VENTURES Global Innovation Fund 2号」で、運用額は85億円。2015年に設立した1号と比べて35億円増やした。運営者はグローバル・ブレインで期間は10年間。1号の対象は創業間もない「シード期」以降だったが、2号は新たなビジネス創出の可能性を一段と高めるため「アーリー期」以降のスタートアップへと引き上げた。

デジタルトランスフォーメーション(DX)やスマートシティーに強いスタートアップに投資する。重点領域は不動産テックやロボットなどの既存分野に加え、次世代移動サービス「MaaS(マース)」などのモビリティーや農業も加えた。合計で15分野となる。

三井不動産の金谷篤実執行役員は16日に開いた戦略説明会で「本業の強化や新領域のビジネス発掘で社会課題を解決したい」と述べた。新型コロナウイルス下でも優れた技術や商品を持つスタートアップには投資が続いているという。事業環境が大きく変化する中でも成長につなげる狙いだ。

三井不動産は15年にベンチャー共創事業部を創設した。「31VENTURES」という事業名で1号ファンドは約40社に出資してきた。1、2号ファンドに加えて成長段階のスタートアップを投資対象とする「グロース事業」を合わせると事業総額は435億円に達する。長い目で出資企業の成長を後押ししつつ、自社の業容拡大に生かせるかが今後の課題だ。

(原欣宏)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

389件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World