メニューを閉じる
2020年12月5日(土)
8848 : 不動産・住宅
東証1部

【アパート主力】建築請負と賃貸。米国・グアムでリゾート事業も。

現在値(15:00):
139
前日比:
-4(-2.80%)

早期退職、1万人突破 新型コロナ下で急増 民間調べ

新型コロナ
小売り・外食
2020/9/15 18:56
保存
共有
印刷
その他

東京商工リサーチは15日、2020年1月から9月14日までに上場企業が募集した早期・希望退職者数が1万100人だったと発表した。1万人を超えたのは19年(年間で1万1351人)に続いて2年連続。募集企業数は既に19年の年間(35社)より7割増の60社にのぼり、そのうち35%が新型コロナウイルスの影響を理由に挙げた。

19年は10月9日に1万人を突破しており、20年はそれより約1カ月早い。特に直近1カ月間で11社が募集を発表するなど、「新型コロナ下で雇用情勢が悪化してハイペースで推移している」(東京商工リサーチ)。同社の推測では20年は年間で70社以上、1万2千人以上に上るとみている。

19年は35社のうち約6割が直近決算の最終損益が黒字で、業績が堅調なうちに人員構成を見直す先行型の「黒字リストラ」が相次いだ。しかし20年は現時点の60社のうち、半数強の31社が本決算で赤字だった。直近四半期も含めると赤字企業は41社に上る。

業種別ではワールドやストッキング大手のアツギのグループ企業などアパレル・繊維が9社で最多だ。米中貿易摩擦が響く電気機器が8社、自動車などの輸送用機器が6社。外食は6月以降に急増し、居酒屋チェーンのチムニーなど5社が約3カ月の間に募集した。

1千人以上の大型募集はレオパレス21(約1千人)のみ。次いでファミリーマートの約800人だった。300人以下の募集が45社で全体の75%を占めた。新型コロナ下で市場環境が急変したため、一部の職種や事業所で希望退職を募る企業が多い。同社は「雇用調整助成金の特例措置の期限である12月末から来年にかけて、外食やアパレル、小売りなどで募集が増えそうだ」と話す。

00年以降で募集が最も多かったのはIT(情報技術)バブル崩壊が影響した02年の約4万人。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

166件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World