メニューを閉じる
2020年10月26日(月)
7751 : 情報機器・通信機器 日経平均採用 JPX日経400採用

【OA総合メーカー】カメラ、複写機、プリンター、半導体装置を展開。

現在値(15:00):
1,730.5
前日比:
+44.0(+2.61%)

キヤノン、長尺印刷の機能など高めた業務用プリンター

2020/9/8 16:48
保存
共有
印刷
その他

キヤノンは長尺用紙など様々な用紙への印刷機能を高めた業務用プリンターを10月中旬に発売する。長尺用紙の両面自動印刷に対応し、片面印刷できる用紙の長さは従来比約1.7倍の最長130センチメートルまで延ばした。デジタル印刷技術の向上により、多様な印刷物を短期で大量に作りたい印刷業者の需要に対応する。

キヤノンが発売する「イメージプレス C10010VP」。電車内の中づり広告やポスター、パンフレットなど様々な用紙に対応する

同社の主力業務用プリンター「イメージプレス」シリーズから、最上位モデル2機種を発売する。内部のローラーを改良し、最長76センチメートルほどの用紙を自動で両面印刷できるようにした。10月下旬に発売する別売りの給紙装置をつけると、この長さの紙を1000枚まで給紙できる。パンフレットや飲食店のメニューなどを大量に刷る場合を想定した。

片面印刷は最長130センチメートルの用紙に対応する。印刷には別売りの延長トレーをつける必要がある。小売店の販促ポスターや、電車内の中づり広告などを印刷できる。

印刷できる厚紙は従来比で約1.1倍の重さとなる1平方メートルあたり最大400グラムまで対応する。重厚感のある名刺やポストカードの印刷ができる。汚れや水に強い合成紙も対応可能な紙の種類を増やした。飲食店のメニューなどに使える。

希望小売価格は1分間にA4横型の紙100枚を印刷できる「イメージプレス C10010VP」が税別2500万円、90枚を印刷できる「同 C9010VP」が同1800万円。キヤノンの販売会社などを通じ、印刷会社などに販売する。売り上げや販売台数の目標は非公表。

同社によると商用カラープリンターの2019年の世界市場規模は約6万台だった。20年は新型コロナウイルス拡大による納入の遅れなどが響き、約5万台に減ると予想する。だが前機種の発売から5年たち、買い替え需要が見込めるとして新機種の投入を決めた。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

369件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World