メニューを閉じる
2020年10月29日(木)
7012 : 産業用装置・重電設備
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合重機2位】陸海空に展開。航空宇宙、中大型二輪車に強み。

現在値(15:00):
1,266
前日比:
-55(-4.16%)

日本郵船など 水素の燃料電池船で共同事業
川重、東芝系などと連携

2020/9/1 15:50
保存
共有
印刷
その他

日本郵船川崎重工業などは1日、水素を使う燃料電池で動く船の実用化に向けた共同事業を9月から始めると発表した。2024年中の実証実験開始を目指す。水素燃料を使った中型船舶の実証実験は国内初。水素が船の燃料として安全に実用できるか検証しつつ、水素の供給システムの確立を目指す。温暖化ガスを排出しない船の早期実用化につなげたい考えだ。

事業は25年2月末まで行う。ENEOSや東芝エネルギーシステムズ、日本海事協会(東京・千代田)も参加する。

全長25メートルほどの中型の観光船に、東芝エネルギーシステムズ製の燃料電池を複数搭載する。合計出力は約500キロワット相当。災害時には非常用電源として、船から陸上に電力を供給することも想定する。運航は日本郵船傘下で引き船業の新日本海洋社(横浜市)が担い、横浜で24年の実証実験を予定する。

国際海事機関(IMO)は50年までに世界の海運全体が排出する温暖化ガス排出量の総量を08年比で50%削減するという目標を決めている。海運各社は、水素のほかアンモニアやメタンなど、複数の代替燃料について同時並行で研究を進めており、今回の実験はその一環だ。

小型船舶から500トン未満の貨物船が全て燃料電池化した場合、年間約500万トンの温暖化ガスの削減が期待できるという。日本郵船グリーンビジネスグループの中村利グループ長は「30年ごろの実用化を目指し、観光船以外の貨物船などにも燃料電池を活用したい」と話した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

315件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World