メニューを閉じる
2020年10月28日(水)
8237 : 総合小売・食料品小売
東証1部

【老舗百貨店】銀座、浅草の2店舗体制。銀座本店が収益源。

現在値(15:00):
696
前日比:
-6(-0.85%)

コロナ下の正月、百貨店おせちも「個食」シフト

2020/9/1 15:40
保存
共有
印刷
その他

百貨店各社が9月中旬以降、2021年正月向けのおせちを売り出す。新型コロナウイルスの感染拡大が続くと正月休みも旅行や外出自粛を余儀なくされ、自宅でおせちを楽しむ世帯が増えそうだ。取り分ける必要がない「お一人様」用おせちも充実。新型コロナで変わる生活様式にあわせて、おせちも新しい食べ方を提案する。

高島屋松屋は1日、おせちの主力商品を発表した。高島屋は店頭・ネット販売を合わせて約1150種類をそろえ、18日からまずネット予約を受け付ける。松屋も約200種類について10月1日に予約販売を始める。

最大の特徴は新型コロナへの対応だ。高島屋は一人用や少人数向けのタイプを例年の1.5倍に増やし、複数人でも取り分け不要な盛り付けにするなど工夫を凝らした。そごう・西武もカップで1品ずつ小分けにしたおせちを販売する。

松屋も個食向けのおせちを強化するほか、離れて暮らす家族に贈るギフトとして全国配送が可能なタイプも多くそろえた。「世界の味をおうちで楽しむ」をコンセプトに、イタリアなど9カ国のソーセージ料理を盛り込んだ商品も販売する。

新型コロナの影響で、21年正月は旅行や帰省を自粛する動きが強まり、その反動で自宅でおせちを購入する消費者が増えそうだ。松屋の調査では、元日を自宅で過ごす意向の消費者が73.6%、おせちを購入予定の消費者は同69.3%に上る。

販売方法も店頭からネットへとシフトが進みそうだ。30日から順次おせちの予約販売を始める三越伊勢丹は、通販サイトで分かりやすく商品を解説するほか、人気ランキングなどのコンテンツも強化する。大丸松坂屋百貨店は人気ブロガーがおせちを紹介する動画を配信する。

近年のおせち市場は600億円程度と推計され堅調に推移するが、今年は各社とも前年比1割前後の売り上げ増を目標とするなど強気だ。コロナ禍で消費環境には暗い影が差すが、おせちについては年末に向けて各社の販売競争が盛り上がりを見せそうだ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

55件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World