メニューを閉じる
2021年1月17日(日)
7270 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【トヨタ系】水平対向エンジンと四輪駆動技術が特徴。米市場が主力。

現在値(15:00):
2,067.5
前日比:
-44.5(-2.11%)

車8社、7月世界生産14%減 海外で回復先行

自動車・機械
2020/8/28 15:40
保存
共有
印刷
その他

トヨタ自動車など国内の乗用車8社が28日まとめた7月の世界生産は前年同月比14.2%減の198万5678台だった。下げ幅は新型コロナウイルスの影響で6割超減少した4~5月と比べると小さくなり、工場も徐々に通常稼働に近づきつつある。コロナの感染第2波なども懸念されるが、いかに需要を喚起し全世界で生産・販売とも回復できるかが試される。

7月の世界生産は14.2%減で、6月の26%減よりは下げ幅が縮小した。新型コロナの影響では5月の62%減が最も減少率が大きく、下げ幅は2008年以降で過去最大となった。その後は各地での工場の稼働再開に伴い、回復しつつある。

なかでも海外生産は10.2%減の131万1621台と、21%減の67万4057台だった国内生産に先行する形で回復が早い。8社の中でもホンダSUBARU(スバル)の2社は、海外生産が前年同月比で増加した。

ホンダは販売が好調な中国での生産が29.4%増と大幅に増加。7月単月として中国生産が過去最高だったほか、米国などでの生産も伸び、海外生産全体も4.3%増の36万5415台で過去最高だった。スバルも米国生産が好調で海外生産が4.3%増の2万4164台、世界生産は微増の8万5603台と7月として最も多かった。

他メーカーでも、海外生産全体は減少したものの、販売回復が進む中国での生産は好調だ。トヨタは31.3%増、日産自動車は9.4%増、マツダも4.4%増と、まだ生産が本格化していない国もあるなかで伸びは顕著だ。

一方で国内販売は需要が回復しきっておらず、19年が完成検査問題によって生産台数が少なかったため前年比で増加に転じたスズキを除き、全てのメーカーで前年割れとなった。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

391件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World