メニューを閉じる
2020年10月26日(月)
4385 : インターネットサイト運営
マザーズ

【フリマアプリ】不用品売買を仲介するアプリで国内最大手。米国にも進出。

現在値(15:00):
4,900
前日比:
-180(-3.54%)

会計が分かるクイズ 「プラットフォーマー」対決
クイズで学ぶ会計知識(6)

日経マネー連載
日経マネー
2020/8/18 2:00
保存
共有
印刷
その他

写真はイメージ=PIXTA

写真はイメージ=PIXTA

ハードルが高い、難しいというイメージがある会計。しかし、実際のビジネスを念頭に入れて財務諸表を読むと、驚くほど企業の特徴が会計に反映されているのが分かる。SNS(交流サイト)で話題の「大手町のランダムウォーカー」こと福代和也さんが出題する会計クイズを解いて、ビジネスや投資に役立つ企業への理解を深めていこう。

今回のテーマは、

【貸借対照表で稼ぎ方が分かる(ネット編)】

貸借対照表からは企業の稼ぎ方も分かる。それが表れるのが、取引の相手先から払われていない代金の「売掛金」だ。個人間の商取引を取り次ぐプラットフォーマー2社を例に取って考えよう。

ジモティーとメルカリは共にCtoC(個人間取引)の場を提供する。ただ、主な収益源はジモティーは広告収入で、メルカリは手数料収入だ。貸借対照表にその違いが表れているが……?


物品やサービスなどを取引先に提供していながら代金を受け取っていない場合、この金額を「売掛金」として貸借対照表に計上する。学習塾の月謝のように、一定期間サービスを提供した上で後日代金を受け取るビジネスモデルだと売掛金が膨らみやすい。ウェブ広告の場合、一定期間掲載した代金を受け取ることが多い。つまり、広告収入で稼ぐ企業は全体に占める売掛金の比率が高くなりやすいということになる。

■Point1 ジモティーの収益モデル

ジモティーは利用者から販売手数料を取らない。代わりに、インターネット掲示板に掲載する広告枠を企業に販売することで収益を得ている。同社の売上高の約8割がこの広告収入だ。この際、1カ月間の広告枠の販売収入は翌月下旬に企業から入金されることになる。この期間の販売収入は「売掛金」として貸借対照表に計上される。

■Point2 メルカリの収益モデル

メルカリは購入者からの手数料収入が収益の軸だ。ただ、出品者は取引の際に生じる売上金を現金化しないままにすることが多い。取引のたびに現金化して出金すると、出金手数料として200円が取引手数料とは別に発生してしまうからだ。この際、現金化されないままの売上金が「預り金」として負債の部に計上されることになる。


(1)がジモティー、(2)がメルカリ
貸借対照表の(1)と(2)では他にも幾つかの違いがある。目を引くのが(2)の「固定負債」の多さだ。固定負債とは、銀行からの長期借入金などが中心で、いわば「借金」と言える。メルカリは米国事業やキャッシュレス決済サービス「メルペイ」で多額の投資を行っており、ジモティーに比べ資金需要が強い。このため、メルカリは借入金をそれらの投資原資に充て、さらなる成長を追求している。

●ジモティーは取引手数料を取らない代わりに、掲示板に載せる広告枠の販売で収益を獲得している

ジモティーの広告収入は実際の入金タイミングが遅れるため、貸借対照表の売掛金として一旦計上される

●購入者からの取引手数料がメルカリの収益源。プラットフォームの利用料という立て付け

●メルカリの出品者は手数料を避けるため売上金を現金化しないままにすることが多い。この分を預り金として計上している

出題者はこの人
福代和也さん

Funda 代表取締役。中央大学専門職大学院修了、PwCあらた有限責任監査法人を経て2018年から現職。会計およびマーケティングに関するコンサル業務をメインに行う。「大手町のランダムウォーカー」としてSNS上で会計クイズを出題中。

共同作成者:伊藤開世

日経マネー 2020年9月号 仕込むなら今! 次世代10倍株

著者 : 日経マネー
出版 : 日経BP (2020/7/21)
価格 : 750円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

331件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World