メニューを閉じる
2021年4月22日(木)
6645 : 半導体・電子部品
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【制御機器大手】電子部品や車載部品、健康器具も手掛ける。

現在値(15:00):
8,430
前日比:
-280(-3.21%)

FA大手、今期業績回復に遅れ 車向け落ち込み響く

企業決算
2020/8/7 22:26
保存
共有
印刷
その他

産業用ロボットなど工場自動化(FA)関連企業の業績回復が遅れるとの見方が増えている。大手各社が発表した2021年3月期の業績予想は事前の市場予想を下回る例が目立った。自動車や工作機械メーカーなどからの設備投資の引き合いが鈍いとの見方から、業績予想の発表後に株価が下落する企業が相次いでいる。

産業用ロボットに使われる空気圧機器を造るSMCが7日に発表した4~6月期連結決算は売上高が前年同期比5%減、純利益が14%減だった。半導体メーカー向けは堅調だったが、自動車や工作機械向けが落ち込んでいる。21年3月期の予想は35%の最終減益と据え置いている。

FA関連業界の動向は、製造企業全体の設備投資意欲を占ううえで注目される。中国市場での売上高比率が高い企業が多い。中国は経済活動の再開が比較的早かったことから4~6月期決算の発表までは株式市場で買いが目立っていた。

「保守的な業績予想を公表する傾向がある点を考慮しても弱い」。特に投資家に業績回復の遅れを意識させたのがファナックだ。21年3月期は純利益の予想が345億円。市場予想平均(QUICKコンセンサス、688億円)の半額程度にとどまった。

発表翌日の7月29日から8月7日までに株価は10%下落している。大和証券の田井宏介氏は、目標株価を従来の1万8000円から1万5000円に引き下げた。

センサー機器を主力とするオムロンは21年3月期の純利益予想が前期比78%のマイナス。売上高とともに市場予想を下回った。工作機械の位置決めに使う直動部品を手掛けるTHKは8月6日、20年12月期の業績予想を下方修正し、31億円の最終赤字になるとした。いずれも自動車産業向けの落ち込みが響く。

FA関連大手の中にも、インターネット通販事業者向けに搬送装置を出荷するダイフクのように増益を予想する企業もあるが、全般に低調だ。UBS証券の水野晃氏はファナックなどの業績予想は「自動車の設備投資減少のあおりを再認識させた」と指摘。コロナ後に向けた経営戦略を「明確にすることが重要だ」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

263件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World