メニューを閉じる
2020年9月23日(水)
4385 : インターネットサイト運営
マザーズ

【フリマアプリ】不用品売買を仲介するアプリで国内最大手。米国にも進出。

現在値(15:00):
5,000
前日比:
+245(+5.15%)

メルカリが48%増収、20年6月期 コロナでEC急拡大

2020/8/6 18:21
保存
共有
印刷
その他

フリーマーケット(フリマ)アプリ大手のメルカリが6日発表した2020年6月期の連結決算は、売上高が前の期比48%増の762億円だった。新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が広がり、個人間でも電子商取引(EC)の利用が急増。赤字が続く米国事業も黒字化が視野に入ってきた。巣ごもり需要の拡大で成長期待は高まっており、株価は年初から2倍超に急伸している。

利用者増で大幅増収(メルカリのアプリ画面)

最終損益は227億円の赤字(前の期は137億円の赤字)、営業損益は193億円の赤字(同121億円の赤字)だった。

前期は主力の国内フリマアプリ事業が大きく伸びた。アプリ上の売買高を示す流通総額は6259億円と28%増え、同事業の営業利益(特殊要因を除いた調整後)は95%増の185億円だった。小売店などに無人投函(とうかん)ボックスを設置するなど出品点数引き上げを狙った効果が出た。

20年3月ごろからはコロナ禍に伴う巣ごもり需要も追い風になった。スマートフォン決済「メルペイ」などの広告宣伝費を抑えたことも寄与し、20年4~6月期の連結営業損益は9億8400万円の黒字(前年同期は61億円の赤字)と、18年6月の上場後初めて四半期ベースで黒字転換した。

先行投資で赤字が続いている米国事業にも光明が見えてきた。メルカリは同事業の収益の詳細を明らかにしていないが、株式市場で黒字化の目安とみられているのが「月間流通総額1億ドル(約105億円)」だ。

4~6月期の米国の流通総額は前年同期比2.8倍の2億8400万ドルで、1カ月単位では1億ドルを上回った月もあった。山田進太郎社長は同日の決算説明会で「コロナの影響だけでなくマーケティングやサービス改良の効果もある。米国の消費全体でECシフトが起きており、追い付いて成長したい」と述べた。

21年6月期の連結業績予想は公表しなかった。流通総額については国内で前期比20%以上、米国では50%以上の成長を目指す方針を示した。

株価は4月以降に上昇基調に入り、6日の終値は4660円と19年末からの上昇率は2倍を超える。だが、18年6月に付けた上場来高値(6000円)を目指すには成長の持続力が問われる。「(利用急増の)反動がどれくらい出るか注視するが、足元で利用は高止まりしている」(山田社長)といい、効果的な広告宣伝やサービス改善の取り組みがカギになりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

340件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World