メニューを閉じる
2020年12月1日(火)
6289 : 製造用機械・電気機械
東証1部

【くい圧入引抜機1位】地下駐車場・駐輪場の施工も。

現在値(15:00):
4,100
前日比:
-130(-3.07%)

緊急企業アンケート コロナ受け「供給網見直す」8割

新型コロナ
日経ビジネス
コラム(ビジネス)
エレクトロニクス
ヘルスケア
自動車・機械
2020/8/7 2:00
保存
共有
印刷
その他

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの日本企業のサプライチェーンが寸断された

新型コロナウイルスの感染拡大で多くの日本企業のサプライチェーンが寸断された

日経ビジネス電子版

新型コロナウイルスの感染拡大が世界に広まり、多くの日本企業のサプライチェーン(供給網)が寸断された。コロナ・ショックによる生産活動への影響はどの程度だったのか、危機に備えてサプライチェーンをどう見直していくのか。日経ビジネスが主要企業に緊急アンケートを実施した。

アンケートを実施したのは7月で、自動車や電機、製薬などの116社から回答があった。まず、新型コロナで生産活動に支障があったかどうかを聞いたところ、支障が「あった」と答えた企業は116社のうちの83.6%(97社)だった。

影響が最も大きかった月について、前年同月と比べた生産量の水準を聞くと、回答した77社のうち最も多かったのは「80%以上」との回答で、42.9%(33社)あった。一方で、8割以上の減産にあたる「20%未満」と答えた企業が13.0%(10社)あった。進出する国や地域によっては労働者の出勤や工場そのものの操業を止められたケースも多かった。

米中貿易戦争のような国家間の対立や、世界各地で頻発する天災などを踏まえて、グローバルに展開する日本企業はその都度、リスク回避に向けてサプライチェーンを磨いてきた。だが、新型コロナが最初に報告された中国・武漢から、瞬く間に欧米や中南米、アフリカへと感染が拡大。ある機械メーカー幹部は「迂回路も絶たれて身動きが取れなくなった」と振り返る。

■「コロナで影響なし」でもサプライチェーン見直す企業も

コロナ・ショックを経てサプライチェーンの見直しを検討しているかどうかについて聞いたところ、「対策を決めて具体的に動き出した」との企業が、回答した109社のうちの28.4%(31社)に上った。最も多いのが「対策を検討中」で43.1%(47社)だった。この2つの回答に「これから検討する」を合わせると、80.7%(88社)に上る企業がサプライチェーンを見直すという結果になる。

コロナの感染拡大で生産活動に支障がなかったと回答した19社のうち、13社がサプライチェーンの見直しをすでに実行しているか、もしくは検討すると回答している。直接の影響がなかったとしても、第2波、第3波が世界を襲う際には影響が出る危険性もあり、BCP(事業継続計画)の観点から対策を考える企業もあるようだ。

企業はどのような対策を取ろうとしているのか。上記の80.7%にあたる企業に複数回答で聞いたところ、浮き彫りになったのが仕入れや生産の複線化だ。「複数の企業から材料・部品を調達する」を選んだ企業が56社と最も多かった。次いで、43社が「同じ製品を他の拠点でも生産する」を選んだ。「他の拠点でも生産しやすい製品設計にする」との企業が14社あり、サプライチェーンを見直す作業は開発の上流にまで及んでいる。

42社が「調達先をさかのぼって情報を把握する」と答えた。海外からの部品供給が止まった原因を突き止められず困惑した企業が多かったことの表れともいえる。「海外の供給元が取引している2次、3次企業の生産が止まったが、その情報が入ってこなかった」(電気機器メーカー)。海外を含む取引先の「見える化」もサプライチェーン強化のキーワードとなっている。

在庫をできるだけ持たないことによって無駄のないサプライチェーンを目指してきた企業にとっても、新型コロナは大きな問題を投げかけた。「材料・部品の在庫を積み増す」との回答が30社、「製品在庫を積み増す」が21社あった。在庫の積み増しは業績にとってマイナスとなるが、それでもリスク対応を強める姿勢が見て取れる。

■「国内回帰しない」83%に

人件費や消費地への輸送費が安いことから海外にサプライチェーンを築いてきた日本企業。政府は国内回帰をサポートすべく、今年度に2200億円の予算を計上した。だが、海外に自社工場を保有する企業(103社)に国内回帰の意向の有無を聞いたところ、83.5%(86社)が「検討していない」と答えた。

「検討している」を選んだのは2.9%(3社)にとどまった。コストが高い上、地震や水害など災害のリスクがあることを意識する企業企業もある。各社はコロナ・ショックを経て、サプライチェーンのさらなる強靱(きょうじん)化を図るが、国内回帰という選択肢を検討するのは少数派だ。

【調査概要】
「サプライチェーンに関するアンケート」と題し、2020年7月14日~29日にかけて調査を実施した。東証上場企業の中で、6月末時点の時価総額が大きい製造業などの約300社にメールでアンケートを送付。116社から回答を得た。

【回答企業一覧】
IHI、アイカ工業旭化成アシックスアステラス製薬アズビル宇部興産エア・ウォーターエーザイ、AGC、SMC、NECエフピコエレコム王子ホールディングス大塚ホールディングスオークマオムロン花王カゴメ川崎重工業キヤノン京セラキョーリン製薬ホールディングスキリンホールディングス技研製作所クボタ、グローリー、神戸製鋼所コニカミノルタ小林製薬沢井製薬サントリー食品インターナショナル三和ホールディングスシスメックス資生堂シャープJFEホールディングスジェイテクトSCREENホールディングス、スズキ、住友化学住友ゴム工業積水化学工業ソニー太陽誘電大日本住友製薬中外製薬帝人TDKテルモ、DIC、東芝東洋インキSCホールディングス東洋紡東レ、トクヤマ、凸版印刷、TOTO、豊田合成トヨタ自動車ナブテスコ日産化学日清製粉グループ本社日清紡ホールディングスニッパツ日本ガイシ日本触媒日本製紙日本製鉄日本特殊陶業日本ハム日本ペイントホールディングスニプロ日本たばこ産業バンダイナムコホールディングス、パイロットコーポレーション、パラマウントベッドホールディングス久光製薬日立建機ファンケル、FUJI、富士通富士通ゼネラルフジテック富士フイルムホールディングス古河電気工業ブラザー工業ブリヂストンプリマハムペプチドリーム、HOYA、ポーラ・オルビスホールディングス、マツダ、マニー、マブチモーターマルハニチロ三菱ケミカルホールディングス三菱重工業ミネベアミツミミルボン明治ホールディングス安川電機ヤマハ雪印メグミルクユニ・チャーム横河電機、ライオン、LIXILグループリコーリンテックリンナイレンゴー、ローム、ワコールホールディングス(五十音順、掲載了解企業のみ)

(日経ビジネス 白壁達久)

[日経ビジネス電子版2020年8月4日の記事を再構成]

日経ビジネス電子版セット

週刊経済誌「日経ビジネス」の記事がスマートフォン、タブレット、パソコンで利用できます。雑誌発行日の前週の水曜日から順次記事を公開。日経電子版とセットで月額650円OFFです。

お申し込みはこちら

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

23件中 1 - 23件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World