メニューを閉じる
2020年9月30日(水)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(13:03):
2,446.5
前日比:
-77.0(-3.05%)

ANAHD、コロナで4~6月期の最終赤字1088億円

2020/7/29 19:44
保存
共有
印刷
その他

ANAホールディングス(HD)が29日に発表した2020年4~6月期の連結決算は最終損益が1088億円の赤字(前年同期は114億円の黒字)だった。新型コロナウイルスの感染拡大で主力の航空事業が極度に低迷し、全体の売上高が前年同期比75.7%減の1216億円にとどまった。コロナ禍の長期化も懸念され、抜本的なコスト削減が急務となる。

ANAHDの20年4~6月期決算は四半期として過去最大の最終赤字に

事業別ではANAの航空事業のうち国際線の旅客収入が94.2%減の95億円、国内線も86.5%減の224億円と新型コロナの直撃を受けた。航空貨物は旅客便の貨物スペース減による需給の逼迫で単価が急騰したことなどを受けて国際線で2.7%減の254億円と、ほぼ前年並みの売上高を確保した。

航空事業全体では前年比78.3%減の953億円と1千億円を割り込む結果となった。このほかも旅行事業が91.7%減の31億円、商社事業が47.4%減の197億円。いずれもコロナで前年を大きく割り込んだ。

今期の業績見通しについても新型コロナの影響を合理的に算定できないとの理由で、20年1~3月期決算に続いて2四半期連続で未定とした。

福沢一郎取締役はオンライン決算会見で「中間時点では通期の業績を開示していきたい」と述べた。今後については国内線が21年度末、国際線が23年度末にかけて回復していくとの見方を示した。

喫緊の課題となるのが一段のコスト削減だ。福沢氏によれば20年4~6月期の時点で、減便による燃料費といった運航にかかわる費用の抑制や人件費の削減などで約1620億円のコストを削減したという。8月までの減便などでコスト削減額はさらに上積みできる見通しで、現時点では計2550億円の年間削減を見込んでいるという。

さらに航空機はメンテナンスなど費用のかかる古い機材から退役を進めることや、調達予定の機材の受領を先延ばしして現金流出を抑える方針も明らかにした。人員については「原則的に雇用は守る」と述べたうえで、整備や地上でのハンドリングなど外部委託していた業務のグループ内での内製化に取り組む方針を示した。路線の見直しに関しては「いま現在決まったものは一切ない」と述べるにとどめた。

(井沢真志)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

522件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World