メニューを閉じる
2020年9月25日(金)
7267 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【海外生産で先行】二輪車は世界首位。乗用車は米国で高い評価。

現在値(15:00):
2,432.5
前日比:
-107.0(-4.21%)

ホンダが後付け安全装置 加速抑え踏み間違い事故防止

2020/7/27 14:31
保存
共有
印刷
その他

ホンダはアクセルとブレーキの踏み間違い事故を予防する後付けの装置を発売した。価格は税別4万8000円で、取り付け費用が別途かかる。子会社のホンダアクセス(埼玉県新座市)を通じ、全国の販売店で扱う。

障害物を検知すると車内の表示機で警告するほか、強いアクセルの踏み込みがあった時に加速を抑制する

このほど販売を始めた「踏み間違い加速抑制装置」を取り付けると、時速10キロメートル時で走行時にセンサーで前方3メートル以内の障害物を検知する。運転手に車内の表示機で警告するほか、検知した状態で誤ってアクセルを強く踏み込むと、加速を自動で抑制する。

停車するためには運転者が自らブレーキを踏む必要がある。後方の障害物を検知する機能はないが、強いアクセルの踏み込みを検知すると同様に加速を抑制する。

2007年発売の2代目「フィット」や11年発売の初代「N-BOX」が対象で、今後対象の車種を広げていくという。ホンダは自動ブレーキなどの安全運転支援システム「ホンダセンシング」を17年以降の新型モデルで標準装備化しているが、対応していない過去の車種についても安全を高める。

高齢ドライバーによる事故などを背景に、各社は後付けの踏み間違い防止システムを相次いで投入している。これまでトヨタ自動車やダイハツ工業が展開してきたほか、今年に入ってSUBARU(スバル)やマツダも新たに発売した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1564件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World