メニューを閉じる
2021年6月13日(日)
6182 : 企業向け専門サービス
マザーズ

【翻訳】企業や研究機関から翻訳を受託。自動翻訳ソフトにも注力。

現在値(15:00):
1,936
前日比:
-12(-0.62%)

一足先に動く投資家が見つめる先に(編集長コラム)

VS購読者専用
2020/7/24 20:00

長梅雨の曇り空が続いています。なかなか明けない梅雨空のように、日経平均株価も2万3000円手前で足踏みしています。上場企業の4~6月期決算発表を控え、感染第2波の状況が読みにくい情勢のなかで、投資家も持ち高を大きく傾けにくい情勢が続いています。

ニューヨーク証券取引所の前も人通りが少ない=AP

ニューヨーク証券取引所の前も人通りが少ない=AP

3月のコロナショック以降、投資主体別売買動向で見ると、海外投資家はおおむね売り越し基調が続いてきましたが、7月10日時点で5週ぶりのプラスに転じ、約1100億円の買い越しとなりました。日本株全体の方向感はつかみにくい状況ですが、一部の機関投資家は割安になった局面で、目を付けていた企業に投資する動きが少しずつ広がっているようです。

7月中旬までに公表された大量保有報告書によると、ブラックロックが帝人株、インベスコ・アセット・マネジメントがアイカ工業株の保有比率をそれぞれ7%強に引き上げています。帝人はコロナ危機で医療機器などに使う炭素繊維への引き合いが強まっているほか、日立製作所とデジタルトランスフォーメーション(DX)に活用できる高性能の素材開発に向けた協業に動き出しています。

帝人の炭素繊維。欧州では医療機器向けの需要が伸びている

帝人の炭素繊維。欧州では医療機器向けの需要が伸びている

小粒でも有望な技術を秘めた企業にも関心が集まっています。フィデリティ投信は6月、AI(人工知能)を使って特許や法務、先端医療など専門分野の翻訳サービスを提供するロゼッタの保有比率を7%に高めました。

7月14日、そのロゼッタは開発やM&A(合併・買収)に充てる資金を調達するため、第三者割当増資を実施すると発表しました。総額59億円強の資金調達を引き受けたのが、米フィラデルフィア本拠の投資ファンド、サスケハナ・インターナショナル・グループ(SIG)の傘下にあるCVIインベストメンツです。04年創業のロゼッタは、日本発のAI翻訳の注目企業です。開発投資の負担が先行していましたが、直近2期は最終黒字に転じています。

ロゼッタは外国人患者が増える医療機関向けなどに自動翻訳機能付きのウエアラブル端末の開発を進める

ロゼッタは外国人患者が増える医療機関向けなどに自動翻訳機能付きのウエアラブル端末の開発を進める

SIGはショート動画アプリ「TikTok(ティックトック)」を運営する北京字節躍動科技(バイトダンス)に出資していることでも知られています。CVIは4月以降、医療材料を手がけるスリー・ディー・マトリックスなどの増資引受先としても登場しており、コロナ禍のもとでも、有望なスタートアップを物色している気配がうかがえます。

外国勢をはじめとする機関投資家が本格的に動き出すかどうかは、来週以降の4~6月期決算で主要企業が示す実績や7~9月期以降の見通しの回復度合いが影響しそうです。

動画アプリTik Tok と運営するバイトダンスのロゴ=ロイター

動画アプリTik Tok と運営するバイトダンスのロゴ=ロイター

26日号の日経ヴェリタス巻頭特集のテーマは雇用です。「雇用融解 働き方2.0 ~ 失業者4億人の衝撃 投資家の備えは」として4ページでお届けします。国際労働機関(ILO)によると、新型コロナウイルスの世界的な流行によって、世界中で4億人分の職が失われた計算になります。既に小売り・観光・外食といった産業では後戻りできない変化が進む一方で、時間や場所にとらわれない新しい働き方がもたらす地殻変動を探っています。これからも読者の皆様に、世界の変化と投資のヒントの「先読み・深掘り」をお届けできるように努めて参ります。

(日経ヴェリタス編集長 塚本奈津美)

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

38件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World