メニューを閉じる
2020年8月13日(木)
7203 : 自動車
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【製造業首位】海外展開加速。環境技術も優位。資金量9兆円規模。

現在値(15:00):
7,244
前日比:
+94(+1.31%)

ホンダ、中国CATLに1%出資 EV電池強化

2020/7/10 20:32 (2020/7/11 7:40更新)
保存
共有
印刷
その他

ホンダは欧州や日本に先行して、中国でEVを展開している(18年に公開した「理念 VE-1」

ホンダは欧州や日本に先行して、中国でEVを展開している(18年に公開した「理念 VE-1」

ホンダは10日、車載電池の世界大手の中国・寧徳時代新能源科技(CATL)と資本提携したと発表した。中国の現地法人を通じてCATLに約1%出資した。両社は2019年に電気自動車(EV)向けリチウムイオン電池の共同開発で合意したが、ホンダは電池の安定確保へ向けて連携を強める。EVの性能を左右する良質な電池の争奪戦が激しくなりそうだ。

ホンダは出資額について明らかにしていないが、600億円程度とみられる。ホンダが中国で生産するEV向けに、22年をめどに電池の供給を受ける。中国以外で展開予定のEVなどへの搭載も今後検討するほか、研究開発やリサイクルなどの面で協力していく。

ホンダは30年に世界で販売する自動車の3分の2を電動化する目標を掲げている。環境志向の高まりでEV市場の拡大が見込まれるなか、CATLと資本提携に踏み込んで電池の安定確保などにつなげる。

ホンダは欧州や日本に先行して中国市場でEVを展開しているが、これまではCATL以外から調達していたもようだ。

CATLは中国最大の車載電池メーカーだ。中国自動車大手のほか、米テスラや独フォルクスワーゲン(VW)などと幅広く電池供給で提携している。日本勢とは、19年にトヨタ自動車とも電池開発などでの包括提携を発表した。日産自動車にも電池を供給している。

19年12月期の売上高は前の期比54%増の457億元(約7千億円)と好調だった。ただ海外売上高比率は4%にとどまる。足元では新型コロナウイルスなどによるEV需要の落ち込みを受けて苦戦している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

3963件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World