メニューを閉じる
2020年8月8日(土)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(15:00):
6,043
前日比:
-33(-0.54%)

新しいコロナ検査の特長は?

朝刊1面を読もう
2020/6/22 7:00
保存
共有
印刷
その他
2020年6月22日の日本経済新聞朝刊1面に「技師・検出器不要 30分検査」というニュースがありました。日本大学と塩野義製薬は、新型コロナウイルスの新たな検査キットの量産化を目指します。新型コロナウイルスの検査で主流となっている「PCR法」と呼ばれる方法に比べてどんな特長があるのでしょうか。

日大の桑原正靖教授らが開発した「SATIC法」と呼ばれる新たな検査方法は、DNAなどの物質を短い時間で検出する技術です。唾液をセ氏95度で約2分間加熱して試薬に入れます。もし新型コロナウイルスの遺伝子が含まれていると、20~25分で試薬の色が変わり、ひと目で分かるとしています。

PCR法と同じく、SATIC法も検査精度の高い遺伝子検査に分類されます。PCR法が3~5時間かかるのに対し、SATIC法は30分程度で済むのがメリットです。インバウンド経済の回復や、延期された東京五輪の成功には、海外との行き来が元に戻る必要があります。簡単な方法で検査を幅広く実施することが欠かせず、実用化や検査コストの軽減が期待されます。

新型コロナ感染の有無を素早く検査できる抗原検査キットの販売も始まります。インフルエンザの検査キットには私も何度もお世話になっていますが、今回のSATIC法や抗原検査で新型コロナの検査も身近になれば、経済再開もぐっと近づきそうです。「ウィズ・インフル」とは言いません。「ウィズ・コロナ」ともあえて言う必要がなくなる時が来ることを願います。

【詳しく知りたい人へ】
PCR検査、民間診療所で広がる 「1回4万円」も
抗原検査、陰性時のPCR不要に

20代編集者が同世代にむけて新聞の読みどころを発信する「朝刊1面を読もう/Morning Briefing」は平日朝に公開します。もっと詳しく知りたい人は6月22日の朝刊1面を読んでみてください。

この記事をまとめた人:大崩貴之
2018年入社。企業取材をする部署で主に医薬品業界を担当。鼻に綿棒を入れるのが本当に嫌いなので、インフル検査も唾液で調べるのが一般的になってほしい。
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

224件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World