メニューを閉じる
2020年8月14日(金)
6502 : 総合電機
東証2部(優先)

【重電大手】昇降機など社会インフラ中心。海外原発からは撤退。

現在値(10:54):
3,430
前日比:
-50(-1.44%)

みらか、唾液でも抗原検査 週35万人分を供給へ

2020/6/19 16:00
保存
共有
印刷
その他

富士レビオが発売する抗原検査用試薬

富士レビオが発売する抗原検査用試薬

みらかホールディングス(HD)子会社の富士レビオ(東京・新宿)は19日、新型コロナウイルスの感染の有無を判定する抗原検査に使う自動検査装置向け試薬を22日から発売すると発表した。従来の簡易検査キットに比べて唾液でも検査が可能になり、装置で効率よく検査できる。当初は週35万人分を供給する。

厚生労働省から19日付で製造販売承認を取得した。富士レビオの自動検査装置「ルミパルス」で判定する。ルミパルスは肝炎や腫瘍マーカーの検査用。全国の病院などに設置している装置のうち約800台で今回の試薬が使える。

鼻の奥の粘液または唾液から30分以内に判定する。唾液の場合は発症から9日以内の患者が対象となるが、検体採取時の医療従事者の感染リスクが減る。1台の装置で1時間に60~120人分を検査でき、大規模な検査にも向いている。

試薬は富士レビオの神奈川県相模原市の工場で生産し、需要に応じて増産も検討する。

抗原検査はウイルスに特有のたんぱく質「抗原」とそれを捉える「抗体」の結合を試薬で光らせて検出する仕組み。PCR検査に比べて精度は劣るが、短時間で簡単に検査できる利点がある。

富士レビオは使い捨ての簡易検査キットを5月中旬に発売した。簡易検査キットは週20万人分を生産するが、東芝日立製作所と協力して北海道旭川市に新工場を稼働させ、年内に生産能力を週40万人分以上に高める計画だ。簡易キットと自動検査装置の両輪で抗原検査の普及を目指す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

839件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World