メニューを閉じる
2020年8月13日(木)
9202 : 空運
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【航空大手】国内線、アジア近距離路線に強み。国際線を拡大。

現在値(15:00):
2,465.0
前日比:
+31.5(+1.29%)

ANA・JAL、7月国内線 運航数5割に回復

2020/6/18 17:12
保存
共有
印刷
その他

航空各社の間で国内線を復便させる動きが加速している。全日本空輸(ANA)と日本航空(JAL)は18日、7月の国内線の運航計画を発表。事前の計画便数に対する運航率はANAが6月から20ポイント上昇の49%、JALの運航率も53%といずれも5割程度に回復する。

夏場の国内線の運航率はANA、JALともに5割程度に回復する

航空会社にとって夏場は最も利益が見込める重要なシーズン。ANAの7月の減便数は1万2227便で6月に比べ4000便近く減少する。路線別では羽田―伊丹が1日15往復の計画に対し、1日11~13往復に回復。羽田―福岡も18往復の計画に対し、1日12~14往復まで運航本数を戻す。

代表的なレジャー路線である羽田―沖縄も1日13往復の計画に対し、1日9~12往復の運航となり、新型コロナの感染拡大以前の水準に近づく。

都道府県をまたぐ移動の自粛が19日に緩和されることを受け「予約は増え始めておりレジャー、ビジネスそれぞれ伸びている」(同社)。特に4連休を含む7月22日から26日にかけては、6割を超す便を運航させ、観光需要に対応する。

JALは18日、7月1~16日の国内線6356便を減便すると発表した。期間中の減便率は47%と4月18日以来、約3カ月ぶりに運航便数が5割を上回った。足元で旅客数は前年比2割程度に回復。7月前半には同約4割まで回復すると見込んでいる。

運航を再開するのは伊丹―松山、東京―奄美大島など8路線。羽田発着で7月以降も運休を継続するのは、羽田―関西空港の1路線のみになるという。主要路線の回復が顕著で満席になる便も出てきているという。

夏場は最大の稼ぎ時だ。ANAホールディングス(HD)の場合、新型コロナの影響が無かった2019年3月期を四半期ごとに比較すると18年7~9月期の営業利益が851億円だったのに対し、最も少なかった19年1~3月期は84億円。その差はおよそ10倍だ。

JALも18年7~9月期の営業利益は719億円と、最少だった18年4~6月期(249億円)の3倍弱を稼いた。

両社とも収益の約半分を占める国際線の回復を見通せず、国内線頼みの状況が続く。「来月の連休から8月にかけて国内がどういう盛り上がりを見せるのか。固唾をのんで見ている」(ANA幹部)という。

(井沢真志、吉田啓悟)

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

500件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World