メニューを閉じる
2020年8月9日(日)
8002 : 総合商社
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【大手総合商社】芙蓉グループの中核。重電、プラントに強みを発揮。

現在値(15:00):
567.0
前日比:
-1.9(-0.33%)

日本財団、無人運航船の開発助成 25年実用化へ

2020/6/12 18:28
保存
共有
印刷
その他

日本財団は12日、日本郵船商船三井丸紅などがそれぞれ主導する無人運航船技術の開発を目指す5つの実証実験に対し、計34億円を助成すると発表した。財団は国内の港を結ぶ内航船について、人手不足が深刻なことから2040年をメドに運航する船の半数を無人運航にすることを目標にしている。

日本財団は無人運航船の経済効果は40年に1兆円になると見ている(提供:DFFASプロジェクト)

実証実験を担う5つのコンソーシアムには計40社以上の企業が参加し、コンテナ船やフェリー、観光船などを使い遠隔操船や自動避航など、無人運航の関連技術について21年度末までに実証実験し、25年までの実用化を目指す。日本財団によると、大型船の使用や多数の船が行き交う海域での実証実験は世界初になるという。

例えば日本郵船系の日本海洋科学とNTTなどの実証実験では、コンテナ船やカーフェリーの遠隔操船や自動で桟橋への離着岸などに取り組む。商船三井などはフェリーなどの係船にドローンを使う技術を開発する。

12日、都内で会見を開いた日本財団の笹川陽平会長は「今回の実験は、無人運航の国際ルール作りに影響力を行使することになる」と話した。

内航船の船員は高齢化が進み、半数以上が50歳以上とされる。船員を養成する学校の卒業生も船員以外の職に就く傾向が近年続き、外国人は法規制で乗船させることができない。無人運航船を含む自動運航技術の開発は国内物流の継続にとって急務となっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

370件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World