メニューを閉じる
2020年7月13日(月)
4507 : バイオ・医薬品関連
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【感染症薬主力】抗HIV薬など感染症薬開発を強化。

現在値(10:05):
6,146
前日比:
+12(+0.20%)

医療研究機構、ワクチン開発に100億円支援

2020/5/21 20:00
保存
共有
印刷
その他

国立研究開発法人の日本医療研究開発機構(AMED)は21日、新型コロナウイルスのワクチン開発を進める企業や大学の支援先を決めた。総額100億円をアンジェス塩野義製薬など計9件に配分する。AMEDは進捗によっては配分額の追加も検討し、コロナワクチンの早期実用化を後押しする。

AMEDは4月末に国の2020年度補正予算で100億円の支援が決まったことを受けて、支援先を決めた。金額の内訳は公表していない。

計9件のうち企業が主体のものは4件。アンジェス、塩野義製薬のほか、アイロムグループ子会社のIDファーマ(東京・千代田)、ワクチン製造を手掛けるKMバイオロジクス(熊本市)をそれぞれ選んだ。

アンジェスは体内にウイルスの遺伝情報の一部を送り込んで免疫をつける「DNAワクチン」と呼ぶ技術を使う。タカラバイオAGC子会社などが製造で協力する。

また塩野義製薬は新型コロナウイルスの表面にあるたんぱく質を抗原として組み込んだワクチン開発を目指している。

このほか慶応大学の金井隆典教授のチームなど5大学・研究機関を採択した。金井教授らは体内でたんぱく質を運ぶ性質をもつ物質を活用する。

いずれのグループも、動物実験など臨床研究の準備や、人に投与して安全性や効果を確認する臨床試験(治験)の費用に充てる見通し。

AMEDは厚生労働省、文部科学省、経済産業省がそれぞれ担当していた医療の基礎研究や産業育成を一体で担う組織として15年に発足。3月にも4億6千万円を捻出して東京大学と感染症研究所のワクチン開発を支援している。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

206件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World