メニューを閉じる
2020年7月6日(月)
4569 : バイオ・医薬品関連
東証1部

【製薬中堅】杏林製薬が中核子会社。呼吸器領域の治療薬に強み。

現在値(15:00):
2,081
前日比:
-11(-0.53%)

キョーリン、PCR検査の前処理自動化 装置開発へ

2020/5/13 12:55
保存
共有
印刷
その他

キョーリン製薬ホールディングス(HD)は13日、新型コロナウイルスのPCR検査で必要な検体の前処理をする装置の開発を進めていると明らかにした。人手が必要だった前処理が自動でできるようになり、医療現場の負担軽減につながる。2020年度内の発売を目指す。

杏林製薬の検査装置「ジーンソック」

子会社の杏林製薬は高速処理が特徴の新型PCR装置「ジーンソック」を19年11月から販売している。20年4月に発売した専用試薬により、15分程度で新型コロナウイルスの感染を判定できるようになった。一方で前処理は一般的なPCRと同じ手順で約30分かかる。試薬を移し替えたり不純物を取り除いたりするなど手間が必要だ。

開発を進める前処理装置では全工程を自動化する。作業員の手間を大幅に減らし、その時間を他の作業にあてることができる。前処理装置による時間の短縮幅は現時点では未定。ジーンソック向けの装置だが、他のメーカーのPCR装置にも応用可能という。

ジーンソックの小型版の開発を進めていることも明らかにした。キョーリン製薬HDの荻原豊社長は「PCR検査は大型の研究施設などに集中している。クリニックなどでも使えるよう、持ち運べてベッドサイドで使えるサイズのものを提供したい」と話す。

小型版のジーンソックも前処理装置と同様に20年度内の発売を目指す。開発スピードを重視して、いずれもまず研究用として発売する予定。今後さらに広がるとみられるPCR検査の需要増加や現場の負担軽減に応える方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

24件中 1 - 24件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World