メニューを閉じる
2020年4月8日(水)
7267 : 自動車
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【海外生産で先行】二輪車は世界首位。乗用車は米国で高い評価。

現在値(15:00):
2,424.5
前日比:
+69.0(+2.93%)

ダイムラー、20年代後半に燃料電池トラック量産
EVトラックと2本柱

2020/2/19 0:35 (2020/2/19 1:28更新)
保存
共有
印刷
その他

【シュツットガルト=深尾幸生】独ダイムラーは18日、燃料電池(FC)トラックを2020年代後半に量産すると発表した。当面は電気自動車(EV)トラックに注力し、燃料電池トラックは30年以降にEVと並ぶ2本柱と位置づける。日米欧などで販売するとみられる。EVと比べコストは高いが、貨物の積載量が多く走行距離も長いため、用途に応じて顧客に提案する。

ダイムラー・トラックはEVと燃料電池車を次世代の二本柱にすえる(写真はダイムラーが世界各地で販売するトラック。18日、シュツットガルト)

ダイムラー傘下のダイムラー・トラックのマーティン・ダウム社長が年次記者会見で明らかにした。水素を燃料とする燃料電池トラックはEV同様、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しない。ダウム社長は「EVと補完関係を築ける」と強調した。

まずは実証車両を「もっと早い時期」に市場に導入する。ダイムラー傘下の三菱ふそうトラック・バスは19年の東京モーターショーで、FCトラックのコンセプト車を発表していた。

欧州連合(EU)は商用車のCO2を25年に19年比15%、30年に30%それぞれ削減することを義務づけている。ダイムラーは25年目標はEV化で対応するが、30年目標はEVとFCトラックの2本柱で達成をめざす。

一方、一部の欧州メーカーがCO2排出を減らすために力を入れている天然ガスを燃料に使うトラックについてダウム社長は「まったく考えていない。経営資源の無駄だ」と言明し、開発の可能性を排除した。

ダイムラーは39年までに日米欧で発売するすべてのトラックを、CO2を排出しない車両にする方針を掲げている。

燃料電池トラックをめぐっては、米スタートアップのニコラ・モーターが21年後半に商業生産を始めると表明。いすゞホンダと共同開発を始めた。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1527件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World