メニューを閉じる
2020年4月5日(日)
6501 : 総合電機
東証1部(優先)
日経平均採用 JPX日経400採用

【総合電機首位】技術力に定評。事業入れ替えで構造改革推進。

現在値(15:00):
2,935.5
前日比:
-22.0(-0.74%)

SBIの地銀連合、勘定系システム共同化へ

BP速報
2020/2/10 18:00
保存
共有
印刷
その他

SBIホールディングスは「地銀連合構想」を掲げ、既に島根銀行や福島銀行、筑邦銀行への出資を決めた

SBIホールディングスは「地銀連合構想」を掲げ、既に島根銀行や福島銀行、筑邦銀行への出資を決めた

日経クロステック

SBIホールディングス(HD)が出資する地方銀行連合が勘定系システムの共同化を検討していることが、日経クロステックの取材で10日までに分かった。住信SBIネット銀行が日立製作所と開発中の次期勘定系システムに合流する形を想定している。参加する地銀は勘定系システムを共用することでIT(情報技術)関連コストを減らし、経営の立て直しを急ぐ。

【関連記事】住信SBIネット銀行、勘定系刷新へ IBMから日立に

住信SBIネット銀は2022年にも勘定系システムを刷新する計画だ。日立が開発し、基本ソフト(OS)「Linux(リナックス)」で動作する同社のオープン勘定系パッケージを使う。パッケージの動作環境には米アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)のパブリッククラウドを検討している。この新システムをSBIHDが出資する地銀連合も使う方向で調整している。

SBIHDは「地銀連合構想」を掲げ、既に島根銀行福島銀行筑邦銀行への出資を決めた。今後も参加する地銀は増えそうだ。これらの地銀は他行と比べて経費率が高く、コスト削減が至上命題となっている。経費の相当分を占める勘定系システムの維持コストを共同化によって減らし、デジタル変革などに経営資源を振り向ける狙いもある。

(日経クロステック/日経コンピュータ 山端宏実、日経クロステック/日経FinTech 岡部一詩)

[日経クロステック 2020年2月10日掲載]

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

1253件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World