メニューを閉じる
2021年4月14日(水)
6047 : コンテンツ制作・配信
東証1部

【情報キュレーション】スマホ向けニュース配信アプリを運営。

現在値(11:30):
823
前日比:
±0(±0.00%)

グノシーと組み割引クーポン 東芝のデータ子会社

ネット・IT
エレクトロニクス
サービス・食品
2020/2/3 13:30
保存
共有
印刷
その他

東芝は3日、データビジネスを手がける子会社、東芝データ(東京・港)を設立した。ニュース配信のGunosy(グノシー)と組み、買い物のレシート情報を分析して利用者に割引クーポンを配信するといった販売促進策を始めると発表。エムスリー傘下の医療機関経営支援、シーユーシー(CUC、東京・中央)と連携し、健康支援サービスも始める。東芝が成長の柱に据えているデジタル事業で、外部企業との連携を進める。

データの活用について説明する東芝データの島田太郎社長(3日、東京都港区)

グノシーとの提携では、東芝子会社の東芝テックが手がける電子レシート「スマートレシート」を活用。店舗のレジでスマートフォンの画面に表示したバーコードを読み込んでもらうと、レシート情報をスマホに蓄積できる仕組みだ。グノシーの利用者が何に関心を持っているかのデータを掛け合わせ、その分野の割引クーポンを配信することなどを想定している。

東芝は、提携によって電子レシートの利便性を高めることで、足元で2000店舗にとどまる導入店舗を2020年度中に10万店舗に拡大したい考えだ。医療分野の専門知識を持つCUCとは、東芝が幅広く持っている購買データをもとに、予防医療につながるようなサービスを検討していく。

東芝データの社長にはシーメンス日本法人・専務執行役員から東芝に移った島田太郎執行役常務が就任。3日の記者会見で「(他社と連携し)データが循環するエコシステムの構築を目指す」と語った。データ活用を巡るプライバシー保護については「データの保有主体は個人だ」と強調。外部の専門家や識者で構成する第三者委員会を設け、監視体制を構築する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

21件中 1 - 21件

【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World