メニューを閉じる
2020年4月1日(水)
7733 : 業務用機械器具
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【内視鏡で世界首位】内視鏡に経営資源を集中。新興国の販路開拓が課題。

現在値(15:00):
1,463.5
前日比:
-98.5(-6.31%)

米サード・ポイント、ソニーに半導体分離再び要求

2020/1/31 11:09
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=宮本岳則】米有力アクティビスト(物言う株主)のサード・ポイントは30日、投資家向け書簡の中で、ソニーに対して半導体事業の分離・独立を再び求めた。金融子会社など上場株の保有見直しも改めて要求し、オリンパス株売却では不十分との認識を示した。ソニー側はサード・ポイントの提案を拒否しており、株主総会に向けた両者の動きに注目が集まりそうだ。

米サード・ポイントのダニエル・ローブ最高経営責任者(CEO)=ロイター

サード・ポイントは30日付の書簡の中で、ソニーを主要投資先の一つとして改めて紹介した。現時点の保有額は明らかにしていない。2019年6月の書簡では15億ドル(約1600億円)と公表していた。ソニー株は同6月末から4割近く値上がりしている。「ソニーの価値最大化に向けた動きは始まったばかり」と述べており、株価上昇余地はまだ大きいと判断しているようだ。

サード・ポイントは19年6月に公開した書簡で、関係性の薄い事業を複数抱える構造が、株価上昇を抑えていると主張。半導体事業の分離・独立や、金融事業を手掛ける上場子会社ソニーフィナンシャルホールディングス株の売却を提案していた。ソニーは同9月の声明でサード・ポイント側の提案を拒否している。今回、改めて事業構成の見直しを求めたことで、総会に向けた両者の駆け引きが活発になる可能性がある。

サード・ポイントは、安全保障上重要な日本企業への出資規制を強化する改正外為法にも言及した。アクティビストのように企業に積極的に働きかける海外投資家は「ポジション(持ち高)をつくるのが難しくなる」との懸念を表明。企業統治改革の後退につながらないような運用を求めた。財務省は「アクティビスト封じ」との見方を否定している。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

231件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World