メニューを閉じる
2020年4月9日(木)
3402 : 紡績・繊維
東証1部
日経平均採用 JPX日経400採用

【合繊最大手】炭素繊維世界一。医薬、電子材料へも多角化。

現在値(15:00):
460.0
前日比:
+0.8(+0.17%)

ボーイング、737MAXの関連費用2兆円に倍増

2020/1/30 3:35
保存
共有
印刷
その他

ボーイングは航空会社への補償などが膨らむ(サウスウエスト航空が保有する「737MAX」)=ロイター

ボーイングは航空会社への補償などが膨らむ(サウスウエスト航空が保有する「737MAX」)=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングは29日、小型機「737MAX」の運航停止に伴う費用が総額で186億ドル(約2兆300億円)に膨らむ見通しを示した。航空会社への補償と、生産停止に関連する費用が積み上がる。2019年中を見込んでいた運航再開が20年にずれ込んだことで、費用負担が昨秋時点の想定から倍増する。

同日発表した19年10~12月期決算に、航空会社の欠便と納入の遅れに対する補償費用として26億ドル、737MAXの減産に伴う生産効率の悪化分として26億ドルを損失計上した。これにより10~12月期は10億ドルの最終赤字となり、通期でも22年ぶりの赤字に転落した。

これとは別に、ワシントン州レントンの組み立て工場の生産停止と再稼働に伴い、20年に約40億ドルの追加費用を見込む。デビッド・カルホーン最高経営責任者(CEO)は「サプライチェーン(供給網)の負荷を抑えるため、再稼働時は生産ペースを抑える。運航再開のめどが立った段階で緩やかに立ち上げる」と説明した。

同社は昨年10月時点で関連費用をおよそ90億ドルと見積もっていた。最新の186億ドルの費用負担は、過去最高益を記録した18年12月期通期の純利益(104億ドル)の2倍弱に相当する。

売上高の5割を占めていた737MAXの出荷が止まり、19年12月期のフリーキャッシュフロー(純現金収支)は42億ドルの赤字となった。20年は現金収支がさらに悪化する見通しで、金融機関から120億ドルの融資枠を確保した。

中型機「787」を21年から追加減産する計画も併せて発表した。20年後半に同機の生産ペースを月間14機から12機に引き下げることを発表済みだが、中国の受注低迷などを受けて21~22年の生産を月間10機に抑える。787は三菱重工業など日本の重工メーカーが主要構造部を担い、東レが炭素繊維を供給している。減産は日本メーカーにも影響が大きい。

次世代大型機「777X」の事業化も遅れる可能性がある。新型エンジンの開発が難航し、当初計画から半年遅れて25日に初飛行を行った。29日の決算資料では初出荷のスケジュールを「21年早期」から「21年」に再修正した。

電子版の記事が今なら2カ月無料

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

269件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World