メニューを閉じる
2020年7月15日(水)
8355 : 銀行
東証1部
日経平均採用

【地銀上位】静岡県が地盤。地銀でも有数の規模と収益性を誇る。

現在値(14:56):
706
前日比:
+8(+1.15%)

住信SBIネット銀行、勘定系刷新へ IBMから日立に

2020/1/16 11:48
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

住信SBIネット銀行が次期勘定系システムの開発を日立製作所に委託することを決めた。日経 xTECHの取材で15日までに分かった。現行システムの開発・運用を担う日本IBMから切り替える。次期システムは2022年にも稼働させる方針で、開発費は推定で70億~80億円になる見通し。

基本ソフト(OS)「Linux(リナックス)」で動作する日立のオープン勘定系パッケージを採用する。同パッケージを採用した勘定系システムは19年7月に肥後銀行が初めて稼働させた。新商品・新サービスの開発スピードを向上できるほか、外部のシステムやフィンテックサービスと連携しやすいという特徴がある。日立は当初、静岡銀行向けに17年中の稼働を目指して開発していたが難航し、同行での稼働見込みは20年度にずれ込んでいる。

住信SBIネット銀行は18年10月にネオバンク事業部を発足し、銀行の仕組みやノウハウを外部の企業に提供する事業を本格化させている。外部連携にたけた勘定系システムを利用したいという思惑があったとみられる。

住信SBIネット銀行は07年の開業以来、日本IBMの勘定系パッケージ「NEFSS(ネフス)」を利用してきた。今回のリプレースでNEFSSの邦銀ユーザーはなくなる。一方の日立はLinux勘定系パッケージの売り込みを加速させるとみられる。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 山端宏実、日経 xTECH/日経FinTech 岡部一詩)

[日経 xTECH 2020年1月15日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ日経会社情報デジタルトップ

ニュース(最新)  ※ニュースには当該企業と関連のない記事が含まれている場合があります。

161件中 1 - 25件

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6...
  • 次へ
【ご注意】
・株価および株価指標データはQUICK提供です。
・各項目の定義についてはこちらからご覧ください。

便利ツール

銘柄フォルダ

保有している株式、投資信託、現預金を5フォルダに分けて登録しておくことで、効率よく資産管理ができます。

スマートチャートプラス

個別銘柄のニュースや適時開示を株価チャートと併せて閲覧できます。ボリンジャーバンドなどテクニカル指標も充実。

日経平均採用銘柄一覧

日経平均株価、JPX日経インデックス400などの指数に採用されている銘柄の株価を業種ごとに一覧で確認できます。

スケジュール

上場企業の決算発表日程や株主総会の日程を事前に確認することができます。

株主優待検索

企業名や証券コード以外にも優待の種類やキーワードで検索できます。よく見られている優待情報も確認できます。

銘柄比較ツール

気になる銘柄を並べて株価の推移や株価指標(予想PER、PBR、予想配当利回りなど)を一覧で比較できます。

  • QUICK Money World